ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年3月 > 仕事と生活の調和推進プロジェクト・参画企業10社の取組結果を公表します



平成22年3月29日

労働基準局勤労者生活部企画課

課    長   野口  尚

課長補佐   原田 俊男

(電話・代表) 03(5253)1111(内線5366)

(夜間直通)  03(3502)1599

報道関係者各位


仕事と生活の調和推進プロジェクト・参画企業10社の取組結果を公表します

〜業務が効率化し、社員の仕事に対する満足度がアップしました!〜


1  厚生労働省では、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現に向けた取組として、昨年度より「仕事と生活の調和推進
  プロジェクト」(注)を実施し、社会的気運の醸成を図ってきました。

2  今年度の総括として、プロジェクト参画企業10社からの、
 (1)我が社のスローガンとアクションプログラム(平成21年3月策定の再掲)
 (2)平成21年度の取組内容とその結果
 (3)今後のワーク・ライフ・バランス実現に向けた課題・取組
 を取りまとめ、公表いたします。

 (関係資料)

3  現在のような経済状況にあっては、「雇用の確保が第一で、ワーク・ライフ・バランスどころではない」という声も聞かれますが、
  ワーク・ライフ・バランスの推進は、少子高齢化が急速に進み、人材確保が急務となる我が国が発展を続けるための「未来への
  投資」です。
   プロジェクトは今年度で終了しますが、プロジェクトを通じて、多くの企業に、また、働く方々一人一人に、参画企業の取組を参考
  にワーク・ライフ・バランスの実現に向け取り組んでいただきたいと考えております。
   厚生労働省としても、引き続きワーク・ライフ・バランスの実現に向けた取組の推進に努めてまいります。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年3月 > 仕事と生活の調和推進プロジェクト・参画企業10社の取組結果を公表します

ページの先頭へ戻る