ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年1月 > 平成22年度の年金額について



平成22年1月29日

厚生労働省年金局年金課

(代表電話) 03(5253)1111

(内線)    3336、3337

平成22年度の年金額について


○ 1月29日、総務省より、平成21年平均の全国消費者物価指数(生鮮食品を含む総合指数)の対前年比変動率がマイナス1.4%となった旨発表された。


○ 年金額の改定のルールは法律で定められている。平成22年度の年金額の場合、平成21年の物価水準は対前年比では下落したものの、法律で、これを下回らなければ引き下げない基準としている平成17年の水準と比較すれば、依然として0.3%上回っている状況にあり、法律の規定に基づき、平成22年度の年金額は据置きとなる


《平成22年度の年金額》 (月額)

平成21年度 平成22年度
国民年金
(老齢基礎年金:1人分)
66,008円 66,008円
国民年金
(老齢基礎年金:夫婦2人分)
132,016円 132,016円
厚生年金
(夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額)
232,592円 232,592円

 (※) 厚生年金は、夫が平均的収入(平均標準報酬36.0万円)で40年間就業し、妻がその期間全て専業主婦であった世帯の新規裁定の給付水準


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年1月 > 平成22年度の年金額について

ページの先頭へ戻る