ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2009年12月 > ウイルス性慢性肝疾患に対する核酸アナログ製剤・



平成21年12月25日

健康局疾病対策課肝炎対策推進室

(担当・内線)

 室長             伯野

 肝炎医療専門官     丸本

(代表電話) 03(5253)1111

(内線 2948、2949)

ウイルス性慢性肝疾患に対する核酸アナログ製剤・

インターフェロン製剤等の有効性・安全性について


 平成21年11月11日及び18日の肝炎治療戦略会議において検討された「ウイルス性慢性肝疾患に対する核酸アナログ製剤・インターフェロン製剤等の有効性・安全性について(案)」については、会議での議論を踏まえ、一部加筆・修正が行われ、今般、別添のとおり「肝炎治療戦略会議報告書」として取りまとめられましたので公表いたします。
 なお、軽微な字句の修正を除く主な修正点は別紙のとおりです。

<ポイント>

 以下3点の有効性・安全性について、専門家の意見が取りまとめられた。

 1.B型慢性肝疾患に対する核酸アナログ製剤治療
 2.C型慢性肝疾患に対するIFNの複数回治療
 3.C型慢性肝疾患に対するIFN 少量長期投与

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2009年12月 > ウイルス性慢性肝疾患に対する核酸アナログ製剤・

ページの先頭へ戻る