ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2018年5月 > 平成29年度 医療用医薬品の広告活動監視モニター事業報告書



平成30年5月11日

【照会先】

医薬・生活衛生局 監視指導・麻薬対策課

課長補佐 日田 充 (2763)

広告専門官 石井 朋之 (2762)

(代表電話) 03-5253-1111

平成29年度 医療用医薬品の広告活動監視モニター事業報告書

今般、厚生労働省が実施した「平成29年度 医療用医薬品の広告活動監視モニター事業」の報告書がとりまとめられましたので、お知らせいたします。

 

 

                                                                                                 記

 

事業名:平成29年度 医療用医薬品の広告活動監視モニター事業

 

目 的:広告違反に該当する行為を早期に発見し、行政指導等の必要な対応を図るとともに、製薬企業や業界団体等による自主的な取組を促すこと等により、製薬企業による医薬品の広告活動の適正化を図る。

 

事業概要:MR、MSL等による広告・宣伝活動を対象としたモニター調査、及び、医療関係者向けの専門誌・学会誌、製薬企業ホームページ、医療関係者向け情報サイトを対象とした記事体広告等に関する調査を実施。

 

ポイント: 通常の広告以外の企業の販売に関するプロモーション活動も含め、モニターを使ってその実態を把握しようと試みた。
今回が2年目の報告となるが、依然として不適切性が疑われる事例が前年度と同程度報告されている。
掲載されている個別事例については、該当企業に対して順次指導を行っている。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2018年5月 > 平成29年度 医療用医薬品の広告活動監視モニター事業報告書

ページの先頭へ戻る