ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年12月 > 平成30年度の医師の臨床研修の実施体制を公表します



平成29年12月11日

【照会先】

医政局医事課医師臨床研修推進室

室長 岡部 渉 (4122)

臨床研修係長 北谷内 豊万 (4123)

(代表) 03-5253-1111

(直通) 03-3595-2275

報道関係者各位


平成30年度の医師の臨床研修の実施体制を公表します

〜大都市部を除く道県での募集定員割合が新制度導入以降昨年度同様最大の水準に〜

厚生労働省は、このたび、平成30年度の医師の臨床研修の実施体制を公表します。

 

平成16年度に導入された新しい医師臨床研修制度では、診療に従事しようとする医師が基本的な診療能力を身につけられるよう、指定を受けた臨床研修病院や大学病院で、必ず2年以上の臨床研修を受けることが定められています。この制度の導入による研修医の基本的な診療能力の向上がみられる一方、研修医の募集定員総数が研修希望者を大きく上回り、研修医が都市部に集中しやすい状況にあるなどの問題が指摘されています。このため、研修医の地域的な適正配置を誘導する観点から、平成22年度より都道府県別の募集定員の上限を設定するなどの調整を行い、平成27年度からはさらなる募集定員の計算式の見直しを行っています。

 

今回は、 平成30年度に臨床研修を開始する研修医を募集する臨床研修病院・大学病院は、1,035か所(平成29年度1,031か所)で昨年度に比べ増加しました。

 

【実施体制のポイント】

平成30年度に臨床研修を開始する研修医を募集する臨床研修病院・大学病院は、

1,035か所(平成29年度1,031か所)で昨年度に比べ増加

・平成30年度の研修医の募集定員は11,244人(同11,390人)で昨年度に比べ減少

・大都市部のある6都府県(東京、神奈川、愛知、京都、大阪、福岡)を除く道県における募集定員の割合は、63.8%(同63.7%)で、昨年度同様に過去最高の水準



 


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年12月 > 平成30年度の医師の臨床研修の実施体制を公表します

ページの先頭へ戻る