ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年10月 > WHO(世界保健機関)事務局長補に山本尚子氏が就任しました



平成29年10月12日

【照会先】

大臣官房国際課

国際企画・戦略官 高橋 和久

課長補佐 松村 漠志

(代表電話) 03(5253)1111 (内線:7303)

(直通電話) 03(3591)8983

報道関係者各位


WHO(世界保健機関)事務局長補に山本尚子氏が就任しました


 


 この度、厚生労働省大臣官房付の山本尚子が、10月12日にWHO事務局長補に就任しましたので、お知らせいたします。


 山本事務局長補は、テドロスWHO新事務局長の下、WHOの最重要課題であるユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)及びヘルスシステムを担当します。



(参考)山本尚子WHO新事務局長補の略歴
昭和35年10月14日生。
北海道立札幌医科大学卒業、医師、公衆衛生学修士、医学博士。
昭和60年厚生省入省。防衛省、環境庁、千葉県、横浜市、佐世保市、浦安市などで保健医療行政に従事。
平成16年4月から3年間、外務省国際連合日本政府代表部参事官として勤務。
平成29年7月、厚生労働省大臣官房総括審議官(国際保健担当)に就任。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年10月 > WHO(世界保健機関)事務局長補に山本尚子氏が就任しました

ページの先頭へ戻る