ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年7月 > 戦没者遺骨のDNA鑑定の実施について



平成29年7月28日

【照会先】

社会・援護局事業課

課長補佐 青木 一生 (3473)

係長 青柳 秀明 (3482)

(代表番号) 03-5253-1111

(直通番号) 03-3595-2228

報道関係者各位


戦没者遺骨のDNA鑑定の実施について

 厚生労働省では、戦没者遺骨のDNA鑑定につきまして、これまで遺留品等からご遺族が推定できる場合に、ご遺族からの申請に基づいて戦没者遺骨とのDNA鑑定を行い、判明した場合、ご遺骨を返還しております。
 戦後70年以上を経て、ご遺族が高齢化されていること等を踏まえ、平成29年度においては、試行的な取組として、ご遺族と思われる方に対し、広報を通じてより広くDNA鑑定の申請を募ることといたしますのでお知らせいたします。
 具体的には、沖縄県の10地域(※)で収容された戦没者のご遺骨について、ご遺族だと思われる方からの申請を募り、厚生労働省保管資料や申請された死亡場所等の情報に基づき、ある程度戦没者とのつながりが確認できる場合に、DNA鑑定を実施いたします。(記録上の戦没場所と実際の戦没場所が異なる場合等もありますので、お迷いの方についても、まずはご申請いただきたいと考えております。)

 ※10地域の名称
  真嘉比(那覇市)、幸地(西原町)、大里字高平(南城市)、経塚(浦添市)、前田(浦添市)、伊原(糸満市)、米須(糸満市)、喜屋武(糸満市)、真壁(糸満市)、具志頭須武座原(八重瀬町)
  (注)下線部は、これまで配布した資料では、「平川」と「城址」と表記しておりましたが、沖縄県へ地名確認をしたところ、平川は「大里字高平」、城址は「具志頭須武座原」であることが分かりましたので訂正しております。

【申請書の提出方法】 
 DNA鑑定の実施を希望されるご遺族は、別添1「戦没者遺骨のDNA鑑定の実施について」、別添2「申請手続について」をご覧いただき、別添3「DNA鑑定申請書」に必要事項を記載の上、現在、沖縄県にお住まいの方は沖縄県こども生活福祉部平和援護・男女参画課、沖縄県以外にお住まいの方は厚生労働省社会・援護局事業課にそれぞれに申請書を提出いただきます。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年7月 > 戦没者遺骨のDNA鑑定の実施について

ページの先頭へ戻る