ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年7月 > 米国薬局方協会と薬事規制に関する守秘取り決めを締結しました



平成29年7月4日

【照会先】

医薬・生活衛生局国際薬事規制室

室長 中島 宣雅 (4223)

室長補佐 佐野 喜彦 (4232)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2431

米国薬局方協会と薬事規制に関する守秘取り決めを締結しました

 平成 29 6 20 日(火)、米国(シカゴ)で開催された第 53 DIA 年会の開催期間中に、日本国厚生労働省・医薬品医療機器総合機構( PMDA )と米国薬局方協会( USP )との間で薬事規制に関する守秘取り決めを締結し、協力関係の強化を図りました。これにより、双方の薬局方に関する情報交換の円滑化、協力の進展等が期待されます。

 米国薬局方協会との守秘取り決めは、平成 27 6 月に厚生労働省が策定した「国際薬事規制調和戦略」及び同月に PMDA が策定した「 PMDA 国際戦略 2015 」を踏まえたものです。厚生労働省及び PMDA では、引き続き、国際的動向を踏まえながら、世界各国の薬局方の国際調和や国際協力に貢献していきます。


(参考)今回締結した守秘取り決め

 【範囲・目的】


 両機関に共通する製品を対象に、安全で、有効かつ高品質な製品へのアクセス向上を促進させるとともに、これら製品に関する情報を共有する。

 【日本側署名者】
 
 ・厚生労働省 : 武田医薬・生活衛生局長

 ・PMDA    : 近藤理事長

 【米国薬局方側署名者】

 ・米国薬局方(USP) : ヤープ ヴェネマ (Jaap Venema)首席科学官

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年7月 > 米国薬局方協会と薬事規制に関する守秘取り決めを締結しました

ページの先頭へ戻る