ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年5月 > 第1回「仕事と育児の両立支援に係る総合的研究会」の開催について



平成29年5月12日

【照会先】

雇用均等・児童家庭局 職業家庭両立課

課  長  源河 真規子

課長補佐 土岐 祥蔵

(代表電話) 03(5253)1111 内線(7860)

報道関係者各位


第1回「仕事と育児の両立支援に係る総合的研究会」の開催について

 

厚生労働省は、今年3月に決定した「働き方改革実行計画」(働き方改革実現会議決定)を受けて、このたび、有識者からなる「仕事と育児の両立支援に係る総合的研究会」を開催することにしました。

 

 「仕事と育児の両立支援」は、働く方々が出産・育児を経ても働き続けられるようにするために重要な課題です。本研究会では、「働き方改革実行計画」において、「女性の就業が進む中で、依然として育児・介護の負担が女性に偏っている現状や男性が希望しても実際には育児休業の取得等が進まない実態を踏まえ、男性の育児参加を徹底的に促進するためあらゆる政策を動員する。このため、育児休業の取得時期、期間や取得しづらい職場の雰囲気の改善など、ニーズを踏まえた育児休業制度の在り方について、総合的な見直しの検討に着手し、実行していく。」とされたことを踏まえ、育児休業制度の在り方をはじめ、ニーズを踏まえた両立支援策について総合的な見直しのための検討を行っていきます。(別添資料1参照)

 

 第1回研究会につきましては、下記のとおり開催いたしますので通知します。

 傍聴を希望される方は、下記の募集要領によりお申し込みください。

 


 

 

1 開催日時  平成29年6月1日(木)1000分〜1200

 

2 開催場所   中央労働委員会 612会議室

(東京都港区芝公園1−5−32 中央労働委員会会館6階)

 

3 議  題

(1)座長及び座長代理の選任について

(2)仕事と育児の両立支援に係る現行制度等について

(3)その他

4 傍聴者

  若干名(報道機関も含む)

 

5 傍聴の申込方法

傍聴を希望する場合は、傍聴希望者の「氏名」、「住所」、「電話番号及びFAX番号」、「メールアドレス」、「勤務先又は所属団体」を別紙様式に記入の上、平成29年5月19日(金)1700分までに、別紙に記載の申込先宛にFAXでお申し込みください。

希望者が多数の場合は、抽選を行い傍聴できない場合もありますので、ご了承ください。抽選の結果、傍聴できない方に対しましては事前に御連絡差し上げます。(傍聴可能な方には特段通知いたしません。)

 なお、傍聴される方は、下記「傍聴される方の留意事項」を遵守してください。

 

6 傍聴される方の留意事項

  傍聴に当たっては、次の留意事項を遵守してください。これらを遵守できない場合は、退場していただくことがあります。

 

 (1) 事務局の指定した場所以外の場所に立ち入ることはできません。

 (2) 携帯電話等音の出る機器については、電源を切るか、マナーモードに設定してください。

 (3) 写真撮影、ビデオ撮影、録音をすることはできません(あらかじめ申し込まれた場合は、会議冒頭の頭撮りに限って写真撮影などをすることができます)。

 (4) 服装を整えて会場に入ってください。はちまき、ゼッケン、たすき、腕章等は着用しないでください。

 (5) 危険な物、旗、ヘルメット、ビラ、プラカード等は持ち込まないでください。

 (6) 静粛を旨とし、意見を表明するなど議論の妨害になるような行為はしないでください。

 (7) 研究会委員等の言論に対し賛否を表明し、又は拍手をすることはできません。

 (8) 飲食等はしないでください。

 (9) 途中での入退室はやむを得ない場合のみとします。

 (10) 酒気を帯びている方、その他秩序を乱すおそれがあると認められる方の傍聴はお断りいたします。

 (11) 会場及び建物の警備上の理由により身分証をご提示いただくことがあります。

 (12) その他、座長及び事務局職員の指示に従ってください。

 

■別紙    傍聴申込書

■別添資料1 「仕事と育児の両立支援に係る総合的研究会」開催要綱

■別添資料2 「仕事と育児の両立支援に係る総合的研究会」参集者名簿

 

 

 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年5月 > 第1回「仕事と育児の両立支援に係る総合的研究会」の開催について

ページの先頭へ戻る