ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年2月 > ロシア連邦政府等から提供された抑留者に関する資料の公表(特定者の追加掲載)について



平成29年2月3日

【照会先】

社会・援護局援護・業務課調査資料室

室長 手嶋 勝 (3418)

室長補佐 工藤 一彦 (3419)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2465

報道関係者各位


ロシア連邦政府等から提供された抑留者に関する資料の公表(特定者の追加掲載)について

厚生労働省では、平成3年以降、ロシア連邦政府等から提供された抑留中死亡者名簿等について、ご遺族が自らの親族の死亡の経緯を把握できるようにするため、平成19年3月より厚生労働省ホームページに氏名、死亡年月日等を掲載しています。
 このたび、日本側資料と照合して、シベリア地域における死亡者の方について、新たに41人について個人を特定したので、漢字氏名、出身地(都道府県名)を追加掲載しました。
 これにより、シベリア・モンゴル地域の死亡者のうち、個人を特定した累計は39,719人(シベリア地域:38,290人、モンゴル地域:1,429人)となります。
 なお、新たに個人を特定した方については、毎月、厚生労働省ホームページで公表しています。
[参考]

 

シベリア・モンゴル地域

その他地域

名簿形式の資料

・シベリア地域   49,851

  うち個人を特定:
          35,816+41人(追加)

・モンゴル地域 1,597

  うち個人を特定:1,429

・興南地域 1,853人(重複整理後776人)

  うち個人を特定:715人

・大連地域   178人(重複整理後151人)
  うち個人を特定: 
89人
・元山地域     11人(重複整理後6人)
  うち個人を特定:   5人
・樺太地域等 463人(重複整理後239人)
  うち個人を特定: 108人
・満州地域  5人

名簿形式以外の資料

・抑留者の医療関係書類

 (病床日誌、カルテ等)

・死亡証書、埋葬証書など
⇒死亡年月日等が記載された方の 資料を抽出 3,762
うち個人を特定:2,433人

・樺太地域等 51人
   うち個人を特定:51人



引き続き死亡者の抽出作業を行い、
順次公表

 


厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年2月 > ロシア連邦政府等から提供された抑留者に関する資料の公表(特定者の追加掲載)について

ページの先頭へ戻る