ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年11月 > 「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果を公表します



平成28年11月29日

【照会先】

労働基準局 監督課

 課 長     荒木 祥一

分 析 官    安川 裕久

課長補佐   片倉 和弘

(代表電話) 03(5253)1111 (内線5541,5543)

(直通電話) 03(3502)5308

報道関係者各位


「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果を公表します

〜「長時間・過重労働」に関する相談が340件(47.7%)で最多〜

厚生労働省では、11月の「過重労働解消キャンペーン」の一環として11月6日(日)に実施した「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果をまとめましたので公表します。

今回の無料電話相談「過重労働解消相談ダイヤル」には、合計で712件の相談が寄せられました。相談内容としては、下記概要のとおり、「長時間労働・過重労働」に関するものが340件(47.7%)と一番多く、次いで「賃金不払残業」が305件(42.8%)でした。

  これらの相談のうち、労働基準関係法令上、問題があると認められる事案については、相談者の希望を確認した上で労働基準監督署に情報提供を行い、監督指導を実施するなど、必要な対応を行います。

【相談結果の概要】

相談件数  合計712
             ■主な相談内容

(件数は相談内容ごとに計上。括弧内は相談件数712件に対する割合。

なお、1件の相談に対して複数の相談内容が含まれることもあるため、

総合計が100%になりません。)

長時間労働・過重労働   340件(47.7%)

賃金不払残業              305件(42.8%)

休日・休暇                53件  (7.4%)

■相談者の属性 (括弧内は相談件数712件に対する割合)

   労働者               432件(60.7%)

   労働者の家族         199件(27.9%)

   その他                 81件(11.4%)

■主な事業場の業種 (括弧内は相談件数712件に対する割合)

      製造業                  103件(14.5%)

保健衛生業             101件(14.2%)

           商業                     89件 (12.5%) 

※ 「過重労働解消相談ダイヤル」では、次のような対応を行いました。

      ・相談者に労働基準法や関係法令の規定、解釈について説明
      ・相談者の意向も踏まえ、管轄の労働基準監督署や関係機関を紹介


 過重労働解消キャンペーン
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/roudoukijun/campaign.html


  今後も都道府県労働局や労働基準監督署、「労働条件相談ほっとライン」で相談を受け付けます。

  ■労働条件相談ほっとライン (厚生労働省委託事業)
     [電話番号]0120−811(はい!)−610(労働) (無料)
     [相談対応時間・曜日]月・火・木・金17:00〜22:00、土・日10:00〜17:00

     http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/dl/150508-01.pdf


  また、労働基準法などの違反が疑われる事業場の情報をメールでお寄せいただくことができます。受け付けた情報に関する照会や相談についてはお答えしかねますので、ご承知おき下さい。

  ■労働基準関係情報メール窓口
     [受付対象となる法律] 労働基準法、最低賃金法、労働安全衛生法など
     http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/mail_madoguchi.html



 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年11月 > 「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果を公表します

ページの先頭へ戻る