ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年11月 > 平成27年「国民健康・栄養調査」の結果



平成28年11月14日

【照会先】

健康局健康課

栄養指導室栄養調査係  (内線 2343,2344)

(代表) 03(5253)1111

平成27年「国民健康・栄養調査」の結果

〜社会環境整備へのニーズ高く、世代等の特徴にあわせた対策が必要〜

 

このたび、平成2711月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果を取りまとめましたので、公表します。

平成27年調査は、毎年実施している基本項目に加え、重点項目として、栄養バランスのとれた食事、運動ができる場所、適正な休養の確保及び受動喫煙の防止など、社会環境の整備の状況について把握しました。

 

 


【調査結果のポイント】

若い世代ほど栄養バランスに課題

・主食・主菜・副菜を組み合わせた食事は、若い世代ほど食べられていない傾向にあり、この世代は、外食や中食の利用割合が高い。(5頁、7頁)

・特に2030歳代の女性では、たんぱく質、カルシウム、食物繊維及びカリウムなどの摂取量が、60歳以上に比べて少ない傾向。(39頁、41-43頁)

 

受動喫煙の機会は「飲食店」が最も高く4割超

・受動喫煙の機会を有する者の割合について場所別にみると、「飲食店」では41.4%と最も高く、次いで「遊技場」では33.4%、「職場」では30.9%。(15頁)

 

1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合が増加

1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合は、ここ数年で増加傾向にあり、睡眠の妨げになっていることは、男性では「仕事」、女性では「育児」「家事」。(27頁、13頁)

 

地域でお互い助け合っていると思う割合が増加

・居住する地域の人々が「お互い助け合っている」と思う者の割合は55.9%で、前回調査(平成23年)と比べて約5ポイント増加。(16頁)

詳細は、別添概要をご覧ください。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年11月 > 平成27年「国民健康・栄養調査」の結果

ページの先頭へ戻る