ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年9月 > 子ども虐待による死亡事例等の検証結果等を公表します



平成28年9月16日

【照会先】

雇用均等・児童家庭局総務課虐待防止対策推進室

 室長補佐 竹中大剛 (7797)

 保健指導専門官 戸矢崎悦子 (7894)

(代表) 03(5253)1111

(直通) 03(3595)2166

報道関係者各位


子ども虐待による死亡事例等の検証結果等を公表します

(第12次報告)

 厚生労働省では、このほど「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について」(第12次報告)をまとめましたので公表いたします。
 この報告は、子ども虐待による死亡事例の背景要因等を分析・検証し、問題点や課題を明らかにするとともに、今後の改善策を講じるために行っているものです。社会保障審議会児童部会の下に設置された「児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会」が、これまで11次にわたって報告をとりまとめてきました。
 今回の第12次報告は、平成26年4月1日から平成27年3月31日までの1年間の死亡事例(64例・71人)、平成26年4月1日から6月30日の3か月間に児童相談所が受理した生命の危険に関わる受傷や衰弱死の危険性がある等の重症事例(10例・10人)を対象に検証・分析を行いました。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年9月 > 子ども虐待による死亡事例等の検証結果等を公表します

ページの先頭へ戻る