ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年7月 > 「たばこ対策に関する国際シンポジウム」を開催します



平成28年7月15日

【照会先】

 健康局 健康課

   課長補佐 原渕 明 (内線2346)

   たばこ対策専門官 吉見 逸郎 (内線2393)

(電話代表) 03(5253)1111

報道関係者各位


「たばこ対策に関する国際シンポジウム」を開催します

東京オリンピック・パラリンピックに向け、さらに日本の受動喫煙防止対策を進めていくため、厚生労働省、国立がん研究センター、WHO(世界保健機関)の共催により、『たばこ対策に関する国際シンポジウム〜スモークフリー日本のビジョン実現のために〜』を開催します。

シンポジウムでは、日本の受動喫煙防止対策を中心とした、たばこ対策の現状の説明のほか、これまでのオリンピック・パラリンピック開催地における受動喫煙防止法制化も含め、対策強化の取組事例について、専門家や各国の担当の方から講演いただきます。

また、サイモン・チャップマン氏(シドニー大学名誉教授)による基調講演もあります。


日 時:平成28730日(土) 13:30-17:00

場 所:国立がん研究センター 国際交流研究会館(東京都中央区築地5-1-1

申込み方法:所属団体(会社)名、氏名、連絡先をご記入のうえ、メールまたはFAXにてお申し込みください。(定員120名) 

・メールアドレス:  tobacco@ml.res.ncc.go.jp

FAX: 03-3547-8098 【国立がん研究センター たばこ政策支援部 宛】

          ※一般申込みが多数の場合は抽選。(マスコミ関係者の入場制限は無し)

   申込み締め切り:7月26日(火) 15:00



プログラム(PDF)

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年7月 > 「たばこ対策に関する国際シンポジウム」を開催します

ページの先頭へ戻る