ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年6月 > 平成28年度食生活改善普及運動の実施について



平成28年6月24日

【照会先】

健康局健康課

栄養指導室 栄養調査係 (内線2343)

(代表電話) 03(5253)1111

平成28年度食生活改善普及運動の実施について

平成28年度食生活改善普及運動実施要綱

1 名称

  平成28年度食生活改善普及運動

 

2 趣旨

 平成25年度から開始している健康日本21(第二次)において、栄養・食生活に掲げられている項目のうち、主食・主菜・副菜を組み合わせた食事が1日2回以上の日がほぼ毎日の者の割合の増加、野菜摂取量の増加、食塩摂取量の減少については、目標達成に向けてより取組を強化していく必要がある。

 本年度は各自治体が地域の実態を踏まえ、「食事をおいしく、バランスよく」を基本テーマに、多様な食品から必要な栄養素をバランスよくとることに加え、野菜摂取量の増加や食塩摂取量の減少にもつながるよう、平成28年9月1日(木)から30日(金)までの1か月に本運動を全国的に展開するものである。

 

3 実施機関

 厚生労働省、食生活改善普及運動の趣旨に賛同する都道府県、保健所設置市、特別区、市町村

 

4 実施期間

  平成28年9月1日(木)〜30日(金)

 

5 重点活動の目標

 健康日本21(第二次)における栄養・食生活の目標のうち、主食・主菜・副菜を組み合わせた食事が1日2回以上の日がほぼ毎日の者の割合の増加、野菜摂取量の増加、食塩摂取量の減少の3つに焦点を当てた運動を重点的に展開する。具体的には、スマート・ライフ・プロジェクトのスローガンである「健康寿命をのばそう」の下、「食事をおいしく、バランスよく」を基本テーマに、「毎日プラス1皿の野菜」や「おいしく減塩1日マイナス2g」にも焦点を当てた取組を行うこととする。

 

6 実施方法

(1) 厚生労働省

重点活動の目標に関する効果的な運動が全国的に展開できるよう、関係機関との連携の下、食生活改善に関する普及啓発を図る。厚生労働省としては、幅広い企業・団体連携を主体として、スマート・ライフ・プロジェクトのスローガンである「健康寿命をのばそう」の下、「食事をおいしく、バランスよく」をテーマにした普及啓発用のポスターを作成配布する。また、「毎日プラス1皿の野菜」や「おいしく減塩1日マイナス2g」の取組が円滑に進むよう、スーパーマーケット等の売り場や飲食店等で活用可能なPOP類について、スマート・ライフ・プロジェクトのホームページ上からダウンロード、印刷の上、活用可能とする。なお、ポスターの配布及びPOP類のホームページ上への掲載時期等の詳細については、追って連絡する。

 

(2) 都道府県、保健所設置市、特別区及び市町村

食生活改善普及運動の趣旨に賛同する都道府県、政令市、特別区及び市町村は、関係部局及び関係団体、小売店及び飲食店等との連携を密にしつつ、効果的な運動を展開し、上記ポスターやPOP類等を用いた取組状況を把握する。

また、同時期に実施する健康増進普及月間と連携を図り、総合的な推進を図る。

 

※スマート・ライフ・プロジェクトについては、専用ホームページに掲載しているので参照されたい。(http://www.smartlife.go.jp/

 


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年6月 > 平成28年度食生活改善普及運動の実施について

ページの先頭へ戻る