ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年5月 > 「国民が受ける医療の質の向上のための医療機器の研究開発及び普及の促進に関する基本計画」を閣議決定



平成28年5月31日

【照会先】

医政局経済課医療機器政策室

室  長 三宅 邦明 (内線2585)

室長補佐 金光 一瑛 (内線4112)

「国民が受ける医療の質の向上のための医療機器の研究開発及び普及の促進に関する基本計画」を閣議決定

〜医療機器政策に特化した政府の初めての基本計画〜

 政府は、「国民が受ける医療の質の向上のための医療機器の研究開発及び普及の促進に関する基本計画」を閣議決定しました。

 

 我が国において今後も最先端の医療が受けられるようにするとともに、医療機器産業が国内経済を牽引し、今後更なる成長・発展が見込める産業分野となるため、医療機器の研究開発及び普及に関して、基本方針及び総合的かつ計画的に実施すべき施策を取りまとめたものです。

 

 また、本計画に基づく施策については、毎年度、その実施状況の進捗管理を行うこととし、関係府省等が連携して着実な実行を図ってまいります。

<資料>

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年5月 > 「国民が受ける医療の質の向上のための医療機器の研究開発及び普及の促進に関する基本計画」を閣議決定

ページの先頭へ戻る