ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年3月 > 経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師・介護福祉士候補者の滞在期間延長の条件となる国家試験の得点基準などを公表します



平成28年3月30日

【照会先】

医政局看護課               

課長補佐 田村 敦宏 (内線4171)

主   査 若林真紀子 (内線4166)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2206

【照会先】

社会・援護局福祉基盤課福祉人材確保対策室

主   査     橋本 亜希子 (内線2867)

資格・試験係長 長谷川 一 (内線2845)

(直通電話) 03(3595)2617

報道関係者各位


経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師・介護福祉士候補者の滞在期間延長の条件となる国家試験の得点基準などを公表します

 先日、厚生労働省が公表した「第105回看護師国家試験」及び「第28回介護福祉士国家試験」において、経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師・介護福祉士候補者の試験結果を公表しましたが、あわせて、閣議決定に基づく滞在期間延長の条件 となる国家試験の得点基準、滞在期間の延長に関する手続・スケジュールについてもお知らせします。



○ EPA看護師候補者(平成25年度入国)の滞在期間延長の条件となる「第105回看護師国家試験」の得点基準は、合格基準点(191点)の5割以上の得点となる96点です。


○ EPA介護福祉士候補者(平成24年度入国)の滞在期間延長の条件となる「第28回介護福祉士国家試験」の得点基準は、合格基準点(71点)の5割以上の得点となる36点です。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年3月 > 経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師・介護福祉士候補者の滞在期間延長の条件となる国家試験の得点基準などを公表します

ページの先頭へ戻る