ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年12月 > 水道事業における耐震化の状況(平成26年度)



平成27年12月24日

【照会先】

医薬・生活衛生局生活衛生・食品安全部水道課

 課   長 宮崎 正信 (内線4021)

 課長補佐 近藤 才寛 (内線4010)

 技 術 係  田村 知之 (内線2983)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2368

報道関係者各位


水道事業における耐震化の状況(平成26年度)

 水道施設の耐震化は、基幹的な水道管で36.0%、浄水施設23.4%、配水池49.7%であり、依然として低い状況にあります。



○調査の概要
 厚生労働省では、水道事業における耐震化の推進背策の一環として、平成20年度から、全国の水道管や浄水施設など水道施設の耐震化状況を調査しています。
 平成26年度末時点の調査結果がまとまりましたので公表します。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年12月 > 水道事業における耐震化の状況(平成26年度)

ページの先頭へ戻る