ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年12月 > 平成25年公的年金加入状況等調査について



平成27年12月25日

【照会先】

年金局事業企画課調査室

室     長 村田 (内線3533)

室 長 補 佐 大野 (内線3582)

担     当 南條 (内線3586)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2794

報道関係者各位


平成25年公的年金加入状況等調査について

 厚生労働省では、このほど、平成25年「公的年金加入状況等調査」の結果をとりまとめましたので公表いたします。なお、本調査は全国89,610世帯に対して実施したものです。


【調査結果のポイント】

 <全体の公的年金加入状況>
 平成25年10月末現在における20〜59歳人口に占める第1号被保険者の割合は28.1%、第2号被保険者の割合は56.2%、第3号被保険者の割合は14.9%、非加入者の割合は0.8%(うち第1号未加入者は0.3%)となっている。平成22年調査と比較すると、20〜59歳の第1号被保険者数や第3号被保険者数は減少(それぞれ1,907万人→1,788万人、1,009万人→949万人)、第2号被保険者数は増加(3,541万人→3,580万人)、非加入者数は減少している(89.9万人→54.1万人)。また、第1号未加入者数について調査した平成16年調査と比較すると、第1号未加入者数は減少している(36.3万人→18.9万人)。(2頁)

<就業形態別の公的年金加入状況>
 20〜59歳の者について就業形態別に公的年金加入状況をみると、「自営業主」、「家族従業者」、「その他の働き方(内職、日雇労働・臨時のアルバイト等)」、「非就業者・不詳」については第1号被保険者の割合が最も高く、それぞれ85.6%、81.4%、68.3%、51.4%となっており、「会社員・公務員」(会社役員やパート・アルバイトを含む)では78.1%が第2号被保険者となっている。(6頁)

<公的年金受給状況>
 65歳以上の人口に占める加入者の割合は3.1%、非加入者の割合は96.9%(うち公的年金受給者は94.5%、その他の非加入者は2.4%)となっている。(39頁)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年12月 > 平成25年公的年金加入状況等調査について

ページの先頭へ戻る