ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年12月 > 平成26年「国民健康・栄養調査」の結果



平成27年12月9日

【照会先】

健康局健康課

栄養指導室栄養調査係  (内線 2343,2344)

(代表) 03(5253)1111

平成26年「国民健康・栄養調査」の結果

〜所得により生活習慣の状況に差、健診の未受診者で健康状態に課題〜

このたび、平成2611月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果を取りまとめましたので、公表します。

「国民健康・栄養調査」は、国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基礎資料として、国民の身体の状況、栄養摂取量及び生活習慣の状況を明らかにするため、毎年実施しています。平成26年は重点項目として、所得と生活習慣等に関する状況について把握しました。今回は、平成26年国民生活基礎調査において設定された単位区から無作為抽出した300単位区内の5,432世帯を対象として実施し、有効回答が得られた3,648世帯について集計しました。


【調査結果のポイント】

〈所得と生活習慣等に関する状況〉

・ 生活習慣等の状況について、所得の低い世帯では、所得の高い世帯と比較して、穀類の摂取量が多く野菜類や肉類の摂取量が少ない、習慣的に喫煙している者の割合が高い、健診の未受診者の割合が高い、歯の本数が20歯未満の者の割合が高いなど、世帯の所得の違いにより差がみられた。

〈健診の受診に関する状況

・ 健診を受診していない者では、健診を受診している者と比較して、男女ともに現在習慣的に喫煙している者の割合、運動習慣がない者の割合、血圧の平均値が高く、女性に関しては肥満者の割合も高かった。

〈基本項目に関する状況

・ 肥満者の割合、糖尿病が強く疑われる者の割合は、男女ともに増加せず推移し、収縮期血圧の平均値は経年的にみて男女ともに低下傾向にあるなど、生活習慣病の予防対策に一定の効果がみられている。

・ 一方で、喫煙している者の割合は平成22年以降男女とも減少しておらず、このうち、たばこをやめたいと思う者の割合が男性26.5%、女性38.2%にとどまるなど、引き続き対策が必要である。

詳細は、別添概要をご覧ください。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年12月 > 平成26年「国民健康・栄養調査」の結果

ページの先頭へ戻る