ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年10月 > 「年金の日」・「ねんきん月間」のお知らせ



平成27年10月30日

【照会先】

年金局事業企画課年金事業運営推進室

室   長 中里 吉孝 (3650)

課長補佐 小川 哲男 (3619)

(直通番号) 03(3595)2806

(代表電話) 03(5253)1111

平成27年10月30日

【照会先】

日本年金機構

サービス推進部部長 西脇 悟 (3150)

(直通番号) 03(6892)0747

平成27年10月30日

【照会先】

日本年金機構

経営企画部広報室 

(代表電話) 03(5344)1100

「年金の日」・「ねんきん月間」のお知らせ

〜 11月は「ねんきん月間」・11月30日は「年金の日」です 〜

厚生労働省では、平成26年から毎年1130日(いいみらい)を「年金の日」としており、趣旨に賛同いただいた団体等と協働して、「ねんきんネット」等を利用して年金記録や年金受給見込額を確認していただき、高齢期に備え、その生活設計に思いを巡らしていただくことを呼びかけています。

 また、日本年金機構は厚生労働省と協力して、11月を「ねんきん月間」と位置づけ、国民の皆様に年金制度に対する理解を深めていただくため、公的年金制度の普及・啓発活動を展開します。

公的年金制度の仕組みや自分の年金について考える機会にしてみてください。

○ 民間との協働イベント

「年金の日」の賛同団体やその会員等(金融機関、生命保険会社など)でさまざまなイベントを実施するほか、年金相談会等において「年金の日」の趣旨や「ねんきんネット」の周知を実施します(詳細は 別紙のとおり)。

○ 「ねんきん月間」の取組

日本年金機構において、市区町村役場、大学、老人ホーム、駅、商業施設など、全国各地のさまざまな場所で出張相談を実施するほか、大学や高校などで学生向け年金セミナーなどを実施します(全国で約1,800カ所、約3,200回開催。 詳細は、 日本年金機構ホームページ(別ウィンドウで開く https://www.nenkin.go.jp/service/nenkingekkan/gaiyou/1030.html に掲載しています

 

○ 厚生労働大臣表彰

  日本年金機構が募集した「わたしと年金」エッセイの応募者(1,424名)の方から、優秀な作品について、厚生労働大臣賞及び日本年金機構理事長賞を授与します(詳細については、別途お知らせします)。



PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年10月 > 「年金の日」・「ねんきん月間」のお知らせ

ページの先頭へ戻る