ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年10月 > 「患者のための薬局ビジョン」〜「門前」から「かかりつけ」、そして「地域」へ〜 を策定しました



平成27年10月23日

【照会先】

医薬・生活衛生局総務課

室長 田宮 憲一 (2722)

課長補佐 浦 克彰 (2710)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2377

「患者のための薬局ビジョン」〜「門前」から「かかりつけ」、そして「地域」へ〜 を策定しました

医薬分業の進展等により、薬剤師及び薬局を取り巻く環境は大きく変化しています。

このような中、医薬分業の原点に立ち返り、現在の薬局を患者本位のかかりつけ薬局に再編するため、今般、厚生労働省において、「患者のための薬局ビジョン」を策定いたしました。

本ビジョンでは、患者本位の医薬分業の実現に向けて、服薬情報の一元的・継続的把握とそれに基づく薬学的管理・指導、24時間対応・在宅対応、医療機関等との連携など、かかりつけ薬剤師・薬局の今後の姿を明らかにするとともに、中長期的視野に立って、かかりつけ薬局への再編の道筋を示しています。

  厚生労働省では、本ビジョンを踏まえ、かかりつけ薬剤師・薬局の推進を図り、患者・住民から真に評価される医薬分業の速やかな実現を目指して参ります。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年10月 > 「患者のための薬局ビジョン」〜「門前」から「かかりつけ」、そして「地域」へ〜 を策定しました

ページの先頭へ戻る