ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年9月 > 「過重労働解消キャンペーン」を11月に実施します



平成27年9月16日

【照会先】

労働基準局 監督課

 課  長   秋山 伸一

 調 査 官   安川 裕久

 課 長 補 佐 日根 直樹

 副主任中央労働基準監察監督官 加藤 博人

(代表電話) 03(5253)1111(内線5541、5428)

(直通電話) 03(3502)5308

報道関係者各位


「過重労働解消キャンペーン」を11月に実施します

〜過重労働などの撲滅に向けた監督指導や無料の電話相談などを実施〜

 厚生労働省では、過重労働などの撲滅に向けた取組を推進する「過重労働解消キャンペーン」を11月に実施します。

 このキャンペーンは、「過労死等防止啓発月間」の一環として昨年から始まったもので、著しい過重労働や悪質な賃金不払残業などの撲滅に向けた監督指導や、過重労働に関する全国一斉の無料電話相談といった取組を行います。 

 今年6月に閣議決定された「日本再興戦略改訂2015」には、引き続き、「働き過ぎ防止の取組強化」が盛り込まれました。また、昨年11月に施行された「過労死等防止対策推進法」に基づき、今年7月に「過労死等の防止のための対策に関する大綱」が閣議決定されるなど、長時間労働対策の強化が喫緊の課題となっていることから、キャンペーンでは、長時間労働削減に向けた取組を推進していきます。(詳細は別紙)

【取組概要】

1 労使の主体的な取組を促します
  キャンペーンの実施に先立ち、使用者団体や労働組合に対し、厚生労働大臣名による協力要請を行います。

2 重点監督を実施します
  長時間の過重な労働による過労死などに関して労災請求が行われた事業場や若者の「使い捨て」が疑われる企業などへ監督指導を行います。

3 電話相談を実施します
  「過重労働解消相談ダイヤル」(無料)を全国一斉に実施し、過重労働をはじめとした労働条件全般にわたり、都道府県労働局の担当官が相談に対応します。
   実施日時     : 11月7日(土) 9:00 〜 17:00 
   フリーダイヤル : 0120(794)713(なくしましょう 長い残業)

4 企業における自主的な過重労働防止対策を推進します
  企業の労務担当責任者などを対象に、全国26か所で計33回、「過重労働解消のためのセミナー」(委託事業)を実施します。
  [開催地]北海道、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、香川、愛媛、福岡、熊本、鹿児島

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年9月 > 「過重労働解消キャンペーン」を11月に実施します

ページの先頭へ戻る