ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年9月 > 「医薬品産業強化総合戦略〜グローバル展開を見据えた創薬〜」を策定しました



平成27年9月4日

【照会先】

医政局経済課

課長補佐  須賀 (内線2524)

企 画 係 川副 (内線2527)

報道関係者各位


「医薬品産業強化総合戦略〜グローバル展開を見据えた創薬〜」を策定しました

この度、厚生労働省において、「医薬品産業強化総合戦略〜グローバル展開を見据えた創薬〜」を策定しましたので、公表します。

 

 「経済財政運営と改革の基本方針2015(以下「骨太の方針2015」という)」には、「臨床上の必要性が高く将来にわたり継続的に製造販売されることが求められる基礎的な医薬品の安定供給、成長戦略に資する創薬に係るイノベーションの推進、真に有効な新薬の適正な評価等を通じた医薬品産業の国際競争力強化に向けた必要な措置を検討する。」と盛り込まれました。

この総合戦略は、骨太の方針2015も踏まえ、「後発医薬品80%時代」において、「国民への良質な医薬品の安定供給」・「医療費の効率化」・「産業の競争力強化」を三位一体で実現するための医薬品産業の競争力強化に向けた緊急的・集中実施的な戦略であり、「革新的医薬品・医療機器創出のための官民対話」等での関係者の意見も踏まえて策定するものです。

 後発医薬品の数量シェア80%以上の目標の達成時期を具体的に決定する2017年(平成29年)央の際に、この戦略についてもその進捗状況を確認し、見直しを行っていきます。

<資料>

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年9月 > 「医薬品産業強化総合戦略〜グローバル展開を見据えた創薬〜」を策定しました

ページの先頭へ戻る