ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年7月 > 昭和館で特別企画展を7月25日から開催



平成27年7月14日

【照会先】

社会・援護局援護企画課

課長補佐 羽賀 隆之 (3411)

施設指導係長 谷山 里之 (3413)

(代表) 003(5253)1111

(直通) 03(3595)2235

報道関係者各位


昭和館で特別企画展を7月25日から開催

戦後70年「昭和20年という年〜空襲、終戦、そして復興へ〜」

昭和館(東京・九段)では、7月25日(土)から8月30日(日)まで、特別企画展 戦後70年「昭和20年という年〜空襲、終戦、そして復興へ〜 」を開催します

 

今回の特別企画展では、昭和20年を「空襲にさらされる日本(1月〜8月)」、「終戦 8月15日」、「混乱の中からの出発(9月〜12月)」の3つの時期に分け、米軍の飛行機によって散布された戦意を喪失させるようなビラ「伝単」、長崎に投下された原爆で表面が溶けて泡状に固まった「原爆瓦」、8月15日に玉音放送を聞く人々、終戦直後の焼け野原で炊事を行う女性の写真など、実物資料を中心に紹介します。

期間中は、学芸員による展示資料の解説も予定しています。詳細は、別添の「特別企画展のご案内」をご参照ください。

 

○特別企画展概要

 ・ テーマ    戦後70年「昭和20年という年〜空襲、終戦、そして復興へ〜」

 ・ 開催期間 平成27年7月25日(土)から8月30日(日)まで 10:0017:30(入館は17:00まで)

 ・ 開催場所 昭和館3階 特別企画展 会場

東京都千代田区九段南1--1 

地下鉄「九段下」駅4番出口から徒歩1分

・休館日  毎週月曜日

 ・ 入場料 無料 (常設展示室は高校生以上有料)


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年7月 > 昭和館で特別企画展を7月25日から開催

ページの先頭へ戻る