ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年6月 > 平成27年度 「子ども見学デー」を開催します



平成27年6月23日

【照会先】

大臣官房総務課広報室

広報係長 大川 啓志 (内線7141)

広報係員 松本 雄次 (内線7141)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)3040

報道関係者各位


平成27年度 「子ども見学デー」を開催します

〜 7月29・30日の2日間、体験型など19のプログラムを用意 〜

 厚生労働省では、7月29日(水)、30日(木)の2日間、「子ども見学デー」を開催します。

 

 「子ども見学デー」は、文部科学省をはじめとした各府省庁が連携し、子どもたちに業務説明や省内見学などを行って施策に対する理解を深めてもらい、夏休みに広く社会を知る体験活動の場とすることを目的に、毎年実施しているものです。

 

 当日は、救急車や救急救命士の仕事の体験、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の方から宇宙食のお話を聞くこと、電子オルゴールなどのものづくり体験、戦後70周年企画で戦時中の子どもの遊びの体験など、19のプログラムを予定しています。  

 どなたでも無料で参加できます。事前に予約が必要なプログラムもありますので、詳しくは以下をご覧ください。

 

【子ども見学デー詳細】

  1.開催日時 : 平成27年7月29日(水)、30日(木) 各10:00〜16:00

 2.場   所 : 厚生労働省講堂(中央合同庁舎第5号館2階)、省内会議室 など

 3.プログラム内容

     [ 事前に予約が必要なプログラム]

       往復はがきで申込みをお願いします。

      (1)「厚生労働省へようこそ!」
          7月30日(木)
             ・「盲導犬・介助犬・聴導犬とのふれあい」 14:00〜14:45 
            ・「厚生労働大臣とお話ししよう!」     15:00〜15:40
             ※大臣の公務等の都合で内容が変更になる場合があります。
             ※往復はがきの記入要領は【別紙1】をご参照ください。

      (2)「ものづくり体験教室」

         〜ものづくりのプロといっしょに電子オルゴールや銀のストラップを作ろう〜
           7月29日(水)、30日(木)に複数回に分けて実施します。
             ・電子オルゴール製作           (7月29日(水)実施)

             ・ブルブルふるえる木のおもちゃの製作 (7月29日(水)実施)

            ・銀のプレートを用いたストラップ製作    (7月30日(木)実施)

             ・ミニシェードランプ製作               (7月30日(木)実施)
              ※各製作コーナーの詳細は【別紙2】をご参照ください。

              ※往復はがきの記入要領は【別紙3】をご参照ください。

      (3)「君にもよちよち歩きの子どもたちのお世話ができるかな?」

         〜 保育士さんのお仕事を体験してみよう〜
          7月29日(水)、30日(木)両日とも10:00〜12:00
           ・紙芝居の読み聞かせ

            ・お散歩の引率

           ・園児のためのおもちゃ作り体験
              ※往復はがきの記入要領は【別紙4】をご参照ください。


     [ 自由に参加できるプログラム]

      (1)人の命を救う、最先端の医療機器に触ってみよう
      (2)こども救急車出動
       (3)おうちで治療するための機械を使ってみよう!(在宅医療)
       (4)血液やおしっこの検査をすると何がわかるのかな?

          “臨床検査”を体験してみよう!
       (5)薬はどうやって働くのかな?身の回りの物を使って実験してみよう  

       (6)お薬の専門家、薬剤師のお仕事を体験してみよう!

          献血ってなんだろう?キッズ献血、模擬体験コーナー
       (7)危ない薬をやっつけろ!ゲームをしながら楽しく学ぼう!

          薬物乱用防止コーナー
       (8)臓器移植(ぞうきいしょく)をもっと知ろう
      (9)血液の病気ってなんだろう?ぼくたち、わたしたちにできること
       (10)“おいしい水”あります! 

         水道水とミネラルウォーターを飲み比べてみよう  

       (11)一緒に学ぼう「食べ物の安全」  

       (12)着けてひんやり、熱中症を防ぐクールベスト。着けて安心、安全帯。
        (13)遊びと学びの広場「児童館」へようこそ!
       (14)戦後70周年 昭和にタイム・スリップ!?

          何が違うの?戦中・戦後の暮らしと今!
       (15)戦後70周年 戦傷病って、どういうこと?
        (16)介護ロボットの世界にようこそ!

          今どんな介護ロボットが出てきているのか知ってみよう!

       ※各プログラムの詳細は【別紙5】をご参照ください。

 4.備考

      (1)各プログラムについては、現段階のものであり、今後変更する可能性があります。

      (2)取材については、照会先の広報室広報係までお問合わせください。

      (3)各プログラムの模様は、報道による取材、イベント風景の撮影のほか、  
         後日、厚生労働省ホームページや広報誌などへの掲載(写真や動画)を予定していますので、
        あらかじめご了承ください。

      (4)当日、車でのご来場はご遠慮ください。

      (5)当日は、熱中症対策のため、水分補給をこまめに行うなどの工夫をお願いします。

      (6)主催の文部科学省においても、「子ども見学デー」開催について、報道発表しています。


   [参考:昨年の様子]


「盲導犬・介助犬・聴導犬とのふれあい」 お仕事するワンちゃんを間近に見られました。

「臓器移植(ぞうきいしょく)をもっと知ろう」 模型を使って体験学習が出来ました。

「くすりともっと仲良くなろう!」 実験うまくできたかな?

メイン会場の様子。多くの方に来場いただきました。       

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年6月 > 平成27年度 「子ども見学デー」を開催します

ページの先頭へ戻る