ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年4月 > 全国初!!プラチナくるみん認定企業として東北の2社



平成27年4月20日

【照会先】

雇用均等・児童家庭局職業家庭両立課

課               長 蒔苗 浩司

育児・介護休業推進室長 中條 絵里

(代表番号)03(5253)1111 (内線7859)

(直通電話)03(3595)3275

報道関係者各位


全国初!!プラチナくるみん認定企業として東北の2社

〜仕事と子育ての両立支援に積極的な取組を実施している企業を認定〜

  厚生労働省は、このたび、改正次世代育成支援対策推進法(以下、「改正次世代法」)に基づく特例認定(通称:プラチナくるみん認定)企業として、2社*を全国で初めて認定しました。

  プラチナくるみん認定制度は、今年4月1日施行の改正次世代法によって創設され、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けた企業のうち、より高い水準の取組を行った企業が、認定を受けられる制度です。くるみん認定やプラチナくるみん認定を受けた企業は、認定マークを商品、広告、求人広告などに付け、子育てサポート企業であることをPRでき、一定の要件を満たす場合は、税制上の優遇措置を受けることもできます。

   今後、厚生労働省では、多くの企業の取組促進につながるよう、くるみん認定とプラチナくるみん認定の周知を図っていきます。また、5月中旬頃には、全国におけるくるみん認定とプラチナくるみん認定の4月末現在の認定状況を公表する予定です。


 

 

* 両社の詳細などについては、宮城労働局、山形労働局発表の報道発表資料(別添1)を参照ください。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年4月 > 全国初!!プラチナくるみん認定企業として東北の2社

ページの先頭へ戻る