ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年4月 > WHOミッションへの日本人専門家の参加



平成27年4月17日

【照会先】

大臣官房国際課/健康局結核感染症課

課長補佐 木阪 有美 (7292)

課長補佐 中谷 祐貴子 (2373)

(代表) 03-5253-1111

報道関係者各位


WHOミッションへの日本人専門家の参加

現在西アフリカのギニア、リベリア及びシエラレオネにおいて、エボラ出血熱が発生しており、WHO(世界保健機関)は、国際NGO等と連携し、感染症対策や疫学調査等に関し、発生国への支援を行っているところです。

今般、WHOより我が国に対して支援要請がなされ、国際協力の一環として、国立感染症研究所 感染症疫学センターの神谷元 医師が、エボラ出血熱対策のWHOミッションに参加する専門家として、平成27年4月19日から平成27年5月29日までの間、シエラレオネに派遣されることになりましたので、お知らせします。

  なお、今回は、WHOミッションのうち、日本が属する西太平洋地域事務局が主導する西太平洋地域エボラ支援チーム(WEST※)への参加となります。

  ※WEST:PRO(WHO西太平洋地域事務局) bola Support Team

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年4月 > WHOミッションへの日本人専門家の参加

ページの先頭へ戻る