ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年1月 > 児童養護施設入所児童等調査の結果(平成25年2月1日現在)



平成27年1月16日

【照会先】

雇用均等・児童家庭局 家庭福祉課

課長補佐 尾高 雅行

社会的養護専門官 田中 浩之

児童福祉専門官 鈴木 里香

指導係長 平山 多輝男

(代表電話) 03(5253)1111(内線7889)

(直通電話) 03(3595)2504

報道関係者各位


児童養護施設入所児童等調査の結果(平成25年2月1日現在)

 


厚生労働省では、このたび、「児童養護施設入所児童等調査」の結果を取りまとめましたので、公表します。

この調査は、児童福祉法に基づいて、里親等に委託されている児童、児童養護施設等に措置されている児童等の実態を明らかにして、要保護児童の福祉増進のための基礎資料を得ることを目的として、おおむね5年ごとに実施しているものです(前回調査は平成2021日に実施)

 今回は、平成2521日時点について、全国の里親委託児童、児童養護施設の入所児童、情緒 障害児短期治療施設の入所児童、児童自立支援施設の入所児童、乳児院の入所児童、母子生活支援施設の児童及び保護者、ファミリーホーム委託児童並びに自立援助ホーム入居児童の全員を対象として調査を行いました。

 調査の結果 、里親委託児童数は4,534人(前回3,611人)、児童養護施設入所児童数は29,979人(同31,593人)であり、このうち虐待を受けた経験のある児童の割合はそれぞれ31.1%(同31.5%)、59.5%(同53.4%)でした。

 なお、概要および詳細は、別添の関係資料をご覧ください。



(関係資料)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年1月 > 児童養護施設入所児童等調査の結果(平成25年2月1日現在)

ページの先頭へ戻る