ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年12月 > 国内の家きんにおける高病原性鳥インフルエンザ(H5亜型)が疑われる事例の発生について



平成26年12月16日

【照会先】

健康局結核感染症課

感染症情報管理室長 中嶋 建介 (2389)

課長補佐 福島 和子 (2376)

(代表) 03−5253−1111

報道関係者各位


国内の家きんにおける高病原性鳥インフルエンザ(H5亜型)が疑われる事例の発生について

今般、宮崎県延岡市の養鶏農場において、高病原性鳥インフルエンザ(H5亜型)が疑われる事例が発生しました。

これを受けて、厚生労働省は、都道府県等に情報提供を行うとともに、鳥インフルエンザの人への感染防止に適切な対応がとられるよう改めて周知しました(別添)。

厚生労働省では、引き続き、農林水産省、環境省、自治体及び関係機関と連携し、適切な対応を行ってまいります。


(別添)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年12月 > 国内の家きんにおける高病原性鳥インフルエンザ(H5亜型)が疑われる事例の発生について

ページの先頭へ戻る