ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年12月 > 平成26年度「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募開始



平成26年12月12日

【照会先】

雇用均等・児童家庭局家庭福祉課

母子家庭等自立支援室

室長補佐 度会 哲賢

母子就業支援係長 村田 耕一

(代表電話) 03(5253)1111(内線 7959)

(直通電話) 03(3595)3112

平成26年度「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募開始

〜積極的に就業支援に取り組む企業などを募集、1月31日締切〜

厚生労働省では、ひとり親家庭に対しての自立支援の一環として、就業支援に積極的に取り組んでいる企業や団体を対象に「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」を実施します。
 子育てと就業の両立が難しいなどの理由から、ひとり親家庭の親の就業は困難な状況にあります。
 この表彰は、雇用する企業側に働きかけることで、ひとり親家庭の親が働きやすい環境整備などの取組を促進すると同時に、社会的機運を高めることを目的に、平成18年から実施しています。
 今年度、表彰する企業は、平成27年3月に発表する予定です。
ひとり親家庭の親の就業支援にを積極的に取り組んでいる企業等のご応募をお待ちしております。


1 募集対象 
   以下の(1)又は(2)の項目のすべてに当てはまる企業や団体を対象に、雇用均等・児童家庭局長が表彰します。

   (1)母子家庭の母及び父子家庭の父(以下「ひとり親家庭の親」という。)の就業支援に積極的に取り組んでいる企業等
  ア ひとり親家庭の親の就業促進について理解があること

  イ ひとり親家庭の親が継続的に就業可能となっているなど、職場環境が良好であること
  ウ ひとり親家庭の親を相当数雇用していること

  エ 重大悪質な法令違反がないこと及び社会通念上、表彰するにふさわしくないと判断される問題がないこと

  オ 過去に本表彰制度に基づく表彰を受賞していないこと 

 (2)母子・父子福祉団体等に相当額の事業の発注を行っている企業
  ア 母子・父子福祉団体又はひとり親家庭の親に対する年間発注割合が一定以上であること
  イ 母子・父子福祉団体又はひとり親家庭の親に対する年間発注額が一定程度であること
  ウ 重大悪質な法令違反がないこと及び社会通念上、表彰するにふさわしくないと判断される問題がないこと
  エ 過去に本表彰制度に基づく表彰を受賞していないこと


2 募集期間 
  平成261212日〜平成27年1月31日まで 


3 応募方法

  応募用紙に必要事項を記入の上、厚生労働省雇用均等・児童家庭局家庭福祉課母子家庭等自立支援室宛てにFAXまたは郵送(当日消印有効)してください。

4 応募用紙  
  厚生労働省雇用均等・児童家庭局家庭福祉課母子家庭等自立支援室で配付します。 厚生労働省ホームページにも掲載しますので、ダウンロードしてお使いください。


5 問い合わせ先

  厚生労働省雇用均等・児童家庭局家庭福祉課母子家庭等自立支援室 
  住  所:100-8916 東京都千代田区霞が関1--2       
  電  話:0352531111(内線7959)    
  FAX 0335952663 

 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年12月 > 平成26年度「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募開始

ページの先頭へ戻る