ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年12月 > 自動車運転者を使用する事業場に対する平成25年の監督指導、送検の状況を公表します



平成26年12月5日

【照会先】

労働基準局 監督課

 課長                     秋山 伸一

 副主任中央労働基準監察監督官  加藤 博人

(代表電話) 03(5253)1111(内線5427)

(直通電話) 03(3595)3203

報道関係者各位


自動車運転者を使用する事業場に対する平成25年の監督指導、送検の状況を公表します

厚生労働省では、このたび、全国の労働局や労働基準監督署などの労働基準監督機関が、自動車運転者(トラック、バス、タクシーなど)を使用する事業場に対して行った監督指導や送検の状況について取りまとめましたので、公表します。

自動車運転者は、依然として長時間労働の実態にあり、脳・心臓疾患の労災認定件数が最も多い職種です。

厚生労働省では、引き続き、自動車運転者を使用する事業場に対し、労働基準関係法令などの周知・啓発に努め、問題があると考えられる事業場については監督指導を行うなど、自動車運転者の適正な労働条件の確保に取り組んでいきます。


平成25年の監督指導や送検などの概要は、次のとおりです。詳しくは別紙「自動車運転者を使用する事業場に対する監督指導、送検の状況(平成25年)」のとおりです。

1 監督指導を行った事業場は4
,279事業場。そのうち、労働基準関係法令違反が認められたのは、3,513事業場(82.1%)であった。また、改善基準告示違反が認められたのは、2,510事業場(全体の58.7%)であった。

2 (1)主な労働基準関係法令違反事項は、多い順に ⑴ 労働時間(56.6%) ⑵ 割増賃金(24.5%) ⑶ 休日(4.7%)。
  (2)主な改善基準告示違反事項は、多い順に ⑴ 最大拘束時間(47.0%) ⑵ 総拘束時間(36.3%) ⑶ 休息期間(32.7%)。

3 重大または悪質な労働基準関係法令違反により送検を行ったのは69件。

(※)自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(平成元年労働省告示第7号)(別添)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年12月 > 自動車運転者を使用する事業場に対する平成25年の監督指導、送検の状況を公表します

ページの先頭へ戻る