ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年9月 > 中国残留邦人のみなさまが手作りした餃子を使ったメニューを永岡厚生労働副大臣が試食します(10/1(水)11:30〜)



平成26年9月30日

【照会先】

社会・援護局援護企画課中国残留邦人等支援室

室長補佐 皆川 (3416)

庶務係長 古川 (3462)

(代表電話 03(5253)1111) 直通電話 03(3595)2456

報道関係者各位


  公開
撮影可
 

中国残留邦人のみなさまが手作りした餃子を使ったメニューを永岡厚生労働副大臣が試食します(10/1(水)11:30〜)







本年10月1日は、中国残留邦人等支援法施行20周年に当たるとともに、配偶者支援金制度を創設する同法の一部改正法が施行されます。

これを契機に、中国残留邦人等支援への理解を深めていただくための中国残留邦人等支援フェアを開催し、NPO法人中国帰国者・日中友好の会会員である中国残留邦人のみなさまの手作り餃子を用いたランチメニューを地下1階職員食堂で提供いたします。

本フェアにおいて、下記のとおり永岡厚生労働副大臣が、このメニューを試食します。

                              記

1 日時

  平成26年10月1日(水)11時30分(10分程度)

2 場所
  中央合同庁舎第5号館 地下1階 大食堂(裏面参照)

3 試食者

 永岡厚生労働副大臣、橋本大臣政務官

※ 国会の状況により、試食者及びスケジュールが変更になる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

※ 職員食堂への入室は11:00以降とさせていただきます。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年9月 > 中国残留邦人のみなさまが手作りした餃子を使ったメニューを永岡厚生労働副大臣が試食します(10/1(水)11:30〜)

ページの先頭へ戻る