ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年9月 > デング熱の国内感染症例について(第二十報)



平成26年9月26日

【照会先】

健康局結核感染症課

感染症情報管理室長 中嶋 建介 (2389)

課長補佐 難波江 功二 (2373)

(代表) 03−5253−1111

報道関係者各位


デング熱の国内感染症例について(第二十報)

国内でデング熱に感染したことが確認された患者が、新たに名報告されました(別添1)。
  これら症例については、関係自治体から公表されていますので、合わせてお知らせします(別添2〜)。

引き続き、関係自治体と連携しつつ、デング熱の国内発生症例の情報収集を進めるとともに、デング熱への対策を講じていきます。


○ 屋外の蚊が多くいる場所で活動する場合は、できるだけ肌を露出せず、虫よけ剤を使用するなど、蚊に刺されないよう注意してください。

○ デング熱に感染しても重症化する場合はまれ。蚊に刺されてから3-7日程度で高熱のほか、頭痛、目の痛み、関節痛等の症状が見られれば、デング熱の可能性もあるため、早めに医療機関を受診してください。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年9月 > デング熱の国内感染症例について(第二十報)

ページの先頭へ戻る