ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年9月 > 麻薬・覚醒剤乱用防止運動を実施します



平成26年9月29日

【照会先】

医薬食品局監視指導・麻薬対策課

 課長補佐 藤沼 義和 (2781)

 係長    加藤 宏二 (2796)

(電話代表) 03-5253-1111

(直通電話) 03-3595-2436

報道関係者各位


麻薬・覚醒剤乱用防止運動を実施します

〜危険ドラッグを含めた薬物乱用の根絶に向けた啓発を強化〜

1.趣旨
  厚生労働省と都道府県では、今年10月1日(水)〜11月30日(日)までの2か月間、麻薬・覚醒剤乱用防止運動を実施します。
  この運動は、麻薬、覚醒剤、大麻、シンナー、危険ドラッグ等(以下「麻薬・覚醒剤等」という。)の薬物乱用による危害を広く国民に周知し、国民一人一人の認識を高めることにより、麻薬・覚醒剤等の薬物乱用の根絶を図ることを目的とするものです。
  麻薬・覚醒剤等の薬物乱用は、乱用者個人の健康上の問題にとどまらず、各種の犯罪の誘因等、公共の福祉に計り知れない危害をもたらすものです。
  最近では、危険ドラッグを使用した者が、二次的な犯罪、交通死亡事故や、健康被害等を起こす事例が多発している等、深刻な社会問題となっており、極めて厳しい情勢です。
  乱用が急速に拡大している危険ドラッグは、たとえ合法であると称していても、使用や所持等が法律に違反することもあるばかりでなく、健康被害のおそれがある非常に危険な薬物であるということを理解してもらうための啓発を積極的にに行います。

2.実施期間
  平成26年10月1日(水)から平成26年11月30日(日)までの2か月間

3.実施機関等

  主 催:厚生労働省、都道府県
  後 援:公益財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センター
  協 賛:薬物乱用対策推進会議、警察庁、法務省、最高検察庁、財務省、文部科学省、海上保安庁


4.主な実施事項
  (1)政府による啓発活動
    ア.厚生労働省と都道府県の共催による麻薬・覚醒剤乱用防止運動地区大会の開催
地区名 大会名  開催日  開催場所 
北海道・東北地区  福島大会  11月12日(水)  福島県文化センター 
 関東信越地区 東京大会  11月23日(日)  イイノホール 
 東海北陸地区 三重大会  11月16日(日)  三重県総合文化センター 
 近畿地区 兵庫大会  11月8日(土)  東灘区民センター 
 中国・四国地区 岡山大会  10月28日(火)  岡山コンベンションセンター 
 九州地区 九州地区大会  11月20日(木)  アクロス福岡 

     イ.麻薬・覚醒剤乱用防止功労者の表彰

     ウ.正しい知識を普及するためのポスター、パンフレット等の作成・配布

  (2)都道府県の共催による大会の開催
都道府県  大会名  開催日  開催場所 
富山県  富山県薬物乱用防止指導員大会  11月7日(金)  富山県総合福祉会館
サンシップ富山
静岡県  平成26年度静岡県薬物乱用防止
県民大会 
11月1日(土)  プラサ ヴェルデ 
滋賀県  滋賀県薬物乱用防止推進大会  11月6日(木)  栗東芸術文化会館さきら 
京都府  平成26年度きょうと薬物乱用防止行動
府民会議総会
-麻薬・覚醒剤乱用防止運動京都大会-
11月2日(日)  京都産業会館8F
シルクホール 
大阪府  薬物乱用防止大阪大会  11月23日(日)  大阪市立西成区民センター 
奈良県  薬物乱用防止街頭キャンペーン
〜STOP THE DRUGS!〜 
10月24日(金)  イオンモール橿原1階 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年9月 > 麻薬・覚醒剤乱用防止運動を実施します

ページの先頭へ戻る