ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年8月 > 伊村産業株式会社が輸入した冷凍ししゃもに係る異物の混入について【第4報】             (自主回収の対応状況等について)



平成26年8月1日

【照会先】

医薬食品局食品安全部監視安全課

監視安全課 滝本・松井 (2471・4244)

輸入食品安全対策室 三木・吉原 (2495・2498)

(電話代表) 03-5253-1111

(監視安全課直通) 03-3595-2337

報道関係者各位


伊村産業株式会社が輸入した冷凍ししゃもに係る異物の混入について【第4報】             (自主回収の対応状況等について)

1.  現在、山口県の指導のもとで、伊村産業株式会社が、輸入した冷凍ししゃもの自主回収を進めているところです。

2.  伊村産業株式会社が出荷している冷凍ししゃもには、個包装されラベルが貼られた状態で出荷される商品(小分け品)と、パックに小分けされる前の箱詰めの状態で出荷される商品(箱詰め品)があり、小分け品と箱詰め品の両方について回収を進めています(本事案において異物混入が確認されたのは箱詰め品)。

現在、自主回収の対象商品の消費者への販売が確認された地域は、全国26都府県(群馬県、千葉県、東京都、新潟県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県)となっています。該当品について摂食しないことに関する呼びかけにご協力をお願いいたします。

※ 一部報道があった「11都府県」等は箱詰め品の一次卸先の数であり、今般発表した数と単純には比較はできませんのでご注意ください。いずれにしても、現在調査中であり、他の地域において販売がないということではありませんので、報道各社におかれては、この地域に限らず流通している可能性があることを踏まえて、適宜、対象商品は喫食しないよう呼びかけをお願いします。

現時点で、健康被害は確認されていません。

○   「小分け品」については、個包装に貼られたラベルにより自主回収の対象商品かどうかについて外形的に判別することができるため、山口県において対象商品に使用されるラベルを公表しているところです。厚生労働省としても、ラベル一覧を幅広く国民に周知し、対象商品は食べないよう注意喚起を行っています。

また、自治体において、消費者向けに販売されていることが確認された場合には、地元報道機関、自治体ホームページ等において公表し、住民に対して呼びかけを行う体制が整備されており、今後、対象商品が消費者の手に渡り喫食されることがないよう徹底を図っています。

○  「箱詰め品」については、箱詰めの状態で流通するため、卸業者や販売者等において外形的に判別することが困難であるため、山口県の依頼の下、関係自治体の協力を得て、伊村産業株式会社から出荷された対象商品の流通経路の調査を行っており、流通経路上の各社を管轄する自治体の指導のもとで、対象商品の回収等が進んでいます。

3.  厚生労働省としては、引き続き、ホームページで対象商品を食べないよう呼びかけるとともに、山口県の指導のもと、伊村産業株式会社による自主回収が着実に進むよう、必要に応じて助言をしていくこととしています。今後、特段の動きがあればお知らせいたします。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年8月 > 伊村産業株式会社が輸入した冷凍ししゃもに係る異物の混入について【第4報】             (自主回収の対応状況等について)

ページの先頭へ戻る