ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年7月 > 伊村産業株式会社が輸入した冷凍ししゃもに係る異物の混入について【第3報】             (ラベルの追加)



平成26年7月27日

【照会先】

医薬食品局食品安全部監視安全課

監視安全課 滝本・松井 (2471・4244)

輸入食品安全対策室 三木・吉原 (2495・2498)

(電話代表) 03-5253-1111

(監視安全課直通) 03-3595-2337

報道関係者各位


伊村産業株式会社が輸入した冷凍ししゃもに係る異物の混入について【第3報】             (ラベルの追加)

1. 現在、山口県の指導のもとで、伊村産業株式会社が、輸入した冷凍ししゃもの自主回収を進めているところです。今般、山口県が行う指導の過程において、小分け品(※)に関して、新たに5種類のラベル(図1〜5)が確認された旨、本日、山口県から発表されました。


※伊村産業株式会社が出荷している冷凍ししゃもには、パックに小分けされる前の状態(箱詰めの状態)で販売される商品と、個別の包装がされた状態で販売される小分け品があります。(本事案において異物混入が確認されたのはパックに小分けされる前の商品)

(図1)





(図2)

(図3)

(図4)

(図5)

※京都府が報道発表した資料に示されているラベル(「参考:伊村産業株式会社が輸入した冷凍ししゃもに係る異物の混入について自治体が公表したラベル一覧」中のNo.2〜3)は、伊村産業株式会社での使用が確認されましたので、全国的に流通している可能性があります。

2. 伊村産業株式会社においては、異物混入が見つかったものと同じ小分けされる前の状態の商品に加え、小分け品についても調査を行ったところ、今般の新たなラベルを認めたものです。現在、伊村産業株式会社が輸入した冷凍ししゃもについては、小分け前の状態の商品、小分け品も含め、山口県の指導のもと、関係自治体の協力を得つつ、流通された経路を順番に追う形で調査を徹底して行い、自主回収を進めているところです。

3. また、厚生労働省においては、関係自治体に対して、これまでに本件について自治体が公表したラベル以外のものではあるが、販売されているししゃもに「伊村産業株式会社」と表示してあるなど、明らかに本件自主回収の対象であることがわかる製品が消費者向けの販売に使用されていることが確認された際には、地元の報道機関に対して発表するとともに、当該自治体のHP等で公表し、当該製造品について摂食しないよう広く周知するすることを依頼しています。

4. 万が一、該当品の摂取後に、喀血や、体内の出血による頭痛・吐き気・腹痛等の症状が出現した場合には、速やかに医療機関に相談するよう情報提供をお願いします。なお、現時点で、該当品を食べたことによる健康被害は報告されていません。

5. 厚生労働省としては、消費者の健康被害が発生しないよう、関係自治体と連携して、消費者への呼びかけを継続していきますので、報道各社におかれましても、引き続き消費者の皆様に対する情報提供と、対象商品は摂食しないことに関する呼びかけにご協力をお願いいたします。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年7月 > 伊村産業株式会社が輸入した冷凍ししゃもに係る異物の混入について【第3報】             (ラベルの追加)

ページの先頭へ戻る