ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年4月 > 「教育訓練給付金の支給の対象となる教育訓練の指定基準案」の諮問と答申



平成26年4月25日

【照会先】

職業能力開発局育成支援課

課長 福士 亘

課長補佐 山地 あつ子

職業能力開発局能力開発課

企画官 青山 桂子

(代表番号) 03(5253)1111(内線5935)

(直通番号) 03(3595)3366

報道関係者各位


「教育訓練給付金の支給の対象となる教育訓練の指定基準案」の諮問と答申

〜雇用保険法改正により拡充された教育訓練給付の対象となる教育訓練の指定基準について〜

厚生労働省は本日、 「教育訓練給付金の支給の対象となる教育訓練の指定基準案 」を 労働政策審議会(会長 樋口 美雄 慶應義塾大学商学部教授)に諮問し(別紙1)、同審議会職業能力開発分科会(分科会長 小杉 礼子 独立行政法人労働政策研究・研修機構 特任フェロー)において審議された結果、同審議会から厚生労働大臣に対して、答申が行われました(別紙2)。

厚生労働省としては、この答申を踏まえ、速やかに指定基準の告示の制定に向けた作業を進めていく予定です。(告示は、5月中旬に行う予定。)

また、告示の制定後、速やかに今般拡充された教育訓練給付金の対象となる「専門実践教育訓練」の指定申請の受付を開始する予定です。詳細はホームページにてお知らせします。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年4月 > 「教育訓練給付金の支給の対象となる教育訓練の指定基準案」の諮問と答申

ページの先頭へ戻る