ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年3月 > 第103回看護師国家試験(追加試験を含む)における経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師候補者の合格者数と受入施設名を公表します〜滞在期間延長の条件となる国家試験の得点基準も公表〜



平成26年3月31日

【照会先】

医政局看護課

課長補佐 田鍋 一樹 (4171)

   主査 園田 美和 (4166)

代表電話 03(5253)1111 (内線 4166)

   直通 03(3595)2206

報道関係者各位


第103回看護師国家試験(追加試験を含む)における経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師候補者の合格者数と受入施設名を公表します〜滞在期間延長の条件となる国家試験の得点基準も公表〜

 「第103回看護師国家試験(追加試験を含む)」において、経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師候補者の合格者は32名でした。これらの合格者の受入施設のうち、公表の同意を得られた受入施設名と候補者数について公表します(別添1)。

 また、 EPA看護師候補者(平成23年度入国)の滞在期間延長の条件となる「第103回看護師国家試験」の得点基準は、合格基準点(207点)の5割以上の得点となる104点です。また、「第103回看護師国家試験(追加試験)」の得点基準は、合格基準点(204点)の5割以上の得点となる102点です。

 あわせて、EPAに基づく外国人看護師候補者の国家試験合格率の推移についても公表します(別添2)。



 

(別添1)  第103 回看護師国家試験における経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師候補者の合格者 PDF 0001.pdf

(別添2) 経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師候補者の看護師国家試験の結果(過去6年間) PDF 0002.pdf

(別添3) 滞在期間延長の条件について PDF 0003.pdf

(別添4) EPA看護師候補者(平成23年度入国)の滞在期間延長(国家試験の得点基準など) PDF 0004.pdf

(別添5) EPA看護師候補者の滞在期間の延長に関する手続き・スケジュール PDF 0005.pdf


        

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年3月 > 第103回看護師国家試験(追加試験を含む)における経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師候補者の合格者数と受入施設名を公表します〜滞在期間延長の条件となる国家試験の得点基準も公表〜

ページの先頭へ戻る