ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年12月 > G8認知症サミットで宣言並びに共同声明に合意



平成25年12月26日

【照会先】

大臣官房国際課

課長補佐 原田朋弘 (7289)

係  長 高崎美奈子 (7299)

(代表電話) 03(5253)1111

報道関係者各位


G8認知症サミットで宣言並びに共同声明に合意


   12月11日(水)、英国・ロンドンで「G8認知症サミット」が開催されましたのでお知らせいたします。

G 8各国、欧州委員会、WHOOECDの代表が出席し、世界的な共通課題である認知症対策について、各々の取組を紹介するとともに、出席者による熱心な意見交換が行われました。

日本からは土屋品子厚生労働副大臣が出席し、日本の高齢化と認知症の現状、認知症施策推進5カ年計画(オレンジプラン)等について説明しました。

施策、研究及び社会的な取組に及ぶ幅広い現状の共有、熱心な意見交換の結果、 認知症問題に共に取り組むための努力事項を定めた 「宣言(Declaration)」及び 今後の対応に関して詳しい情報を盛り込んだ 「共同声明(Communique)」が、G8各国代表者によって合意されました。

なお、「新しい介護と予防モデル」をテーマとした本サミットの後継イベントを2014年に日本において開催する予定です。

 

(参考)
PDF G8認知症サミットの結果(概要)(PDF:112KB)
PDF G8認知症サミット宣言(英文)(PDF:100KB)

PDF G8認知症サミット宣言(和文)(PDF:297KB)
PDF G8認知症サミット共同声明(英文)(PDF:126KB)

PDF G8認知症サミット共同声明(和文)(PDF:431KB)

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年12月 > G8認知症サミットで宣言並びに共同声明に合意

ページの先頭へ戻る