ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年10月 > 国内最大の障害者スポーツ大会を開催



平成25年10月10日

【照会先】

社会・援護局障害保健福祉部企画課自立支援振興室

社会参加支援係 佐藤、小橋口 (3073)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2097

報道関係者各位


国内最大の障害者スポーツ大会を開催

− 東京都で「第13 回全国障害者スポーツ大会」が開催されます −

厚生労働省、公益財団法人日本障害者スポーツ協会、東京都等は、平成251012日(土)〜14日(月)の3日間にわたり、東京都内各地で「第13回全国障害者スポーツ大会」を開催します。

既に募集が終了した開会式及び閉会式を除き、どなたでも競技を自由に観覧することができます。今大会では、オープン競技として、ゴールボールやボッチャなどのパラリンピックの公式競技も多数行われます。

※ オープン競技の概要については、「スポーツ祭東京2013」のサイトを御覧ください(下記 URL)。

別ウィンドウで開く http://www.sports-sai-tokyo2013.jp/kyogi/syospo/koukai.html

 

大会の開会式には皇太子殿下、閉会式には高円宮妃殿下が御臨席されます。また、高鳥厚生労働大臣政務官が開会式に出席します。

 

<全国障害者スポーツ大会とは>

今年度で13回目を迎えるこの大会は、障害のある人たちが競技を通じてスポーツの楽しさを体験する大会で、国民の障害に対する理解を深め、障害者の社会参加の推進に寄与することを目的として開催されます。毎年秋に開催される国民体育大会終了後に、その開催都道府県で引き続き行われる国内最大の障害者スポーツ大会です。

 

<今年度は東京で開催>

今年度は2020年東京オリンピック・パラリンピックにさきがけ、東京都で開催されます。大会愛称である「スポーツ祭東京2013」は第68回国民体育大会と第13回全国障害者スポーツ大会を、スポーツの夢と感動を伝えるひとつの祭典として表しています。また、大会スローガンは「東京に 多摩に 島々に 羽ばたけアスリート」で、多摩・島しょ地域を中心に、東京都全域を舞台として、アスリートの夢が羽ばたく大会であるという趣旨を表しています。

 

大会の概要及び競技種目については別添をご参照ください。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年10月 > 国内最大の障害者スポーツ大会を開催

ページの先頭へ戻る