ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年10月 > 初代「イクメン企業アワード」受賞企業決定



平成25年10月1日

【照会先】

雇用均等・児童家庭局職業家庭両立課

課              長 中井  雅之

育児・介護休業推進室長 飯野   弘仁

(代表電話) 03(5253)1111 (内線7867)

(直通電話) 03(3595)3275

報道関係者各位


初代「イクメン企業アワード」受賞企業決定

〜表彰式と「イクメン推進シンポジウム」を10 月18 日に同時開催〜

  厚生労働省では、このほど、初の「イクメン企業アワード2013」の受賞企業を決定しました。初代グランプリには花王株式会社と医療法人社団三成会の2社、特別奨励賞に5社を選定しました。

  今年度、初めて実施する「イクメン企業アワード」は、育児を積極的に行う男性=イクメンを応援する「イクメンプロジェクト」の一環で、男性労働者の育児参加を積極的に促進しつつ、業務改善を図る企業を表彰する制度です。

  グランプリ2社は、男性の育児休業の取得促進や職場内での業務改善や働き方の見直しなど、男性労働者の育児と仕事との両立支援を促進する取り組みをしており、他社の模範となるような実績を挙げていることが選定の理由となりました。

  表彰式は、10 月18 日(金)13:30 から「女性就業支援センター」(東京都港区)で行います。また、表彰式に併せて「イクメン推進シンポジウム」を開催します。入場は無料です。シンポジウムの概要、申し込み方法は次ページの通りです。

≪イクメン企業アワード2013 受賞企業≫

グランプリ(2社)   花王株式会社(東京都)

         医療法人社団三成会(福島県) 

 特別奨励賞(5社) 有限会社COCO−LO(群馬県)
              ソフトバンクグループ通信3社(東京都)
              第一生命保険株式会社(東京都)
              明治安田生命保険相互会社(東京都)
              株式会社リコー(東京都)

<参考>
グランプリ:男性労働者の育児と仕事との両立支援を促進する取り組みについて、特に他の模範というべき取り組みを推進し、実績を挙げている企業
特別奨励賞:男性労働者の育児と仕事との両立支援を促進する取り組みを積極的に行い、工夫されている企業

「イクメン推進シンポジウム」概要

日時:平成25 年10 月18 日(金)13:30〜16:30(開場 13:00)

会場:女性就業支援センター(東京都港区芝5−35−3)

内容:1. 厚生労働大臣挨拶
    2.「イクメン企業アワード2013」表彰式
    3.「イクメン企業アワード2013」取組紹介
      [総 評] 小室 淑恵氏(イクメンプロジェクト推進委員、株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長)
    〜 休憩 〜
    4.パネルディスカッション
      テーマ:「男性の育児参加推進策について(仮)」
      [コーディネーター] おち まさと氏(イクメンプロジェクト推進委員、プロデューサー)
      [パネリスト] 花王株式会社(グランプリ受賞)
              ソフトバンクグループ通信3社(特別奨励賞受賞)
              棚多 里美氏(広島県働く女性・子育て支援部長)
              佐藤 博樹氏(イクメンプロジェクト推進委員、東京大学大学院情報学環教授)


参加申し込み方法:イクメンプロジェクトホームページ内の参加申込フォームからお申し込みください。 
http://ikumen-project.jp/ikumen_award_form/entry.php


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年10月 > 初代「イクメン企業アワード」受賞企業決定

ページの先頭へ戻る