ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年9月 > 第4回ASEAN+3社会福祉大臣会合の結果概要



平成25年9月11日

【照会先】

大臣官房国際課国際協力室

課長補佐 荒木 康弘 (7302)

専門官   杉田  塩 (7304)

(代表電話) 03(5253)1111

報道関係者各位


第4回ASEAN+3社会福祉大臣会合の結果概要

平成25年9月7日に開催された第4回ASEAN+3(日中韓)社会福祉大臣会合の 結果は下記の通りです。





                               記


1)日程・場所

  平成25年9月7日(土) 於カンボジア・シェムリアップ

 

2)出席者

  日本から桝屋敬悟厚生労働副大臣が代表して出席しました。

 

3)開催概要

○今回の会合のテーマは「すべての人に社会福祉を−特に、子供、障がい者、高齢者に−」でした。ASEAN諸国における社会福祉分野の課題解決について議論するとともに、日中韓3カ国の協力のあり方等について意見交換を行いました。

 

○桝屋副大臣が日本政府を代表して演説を行い、以下の内容について紹介し、日本の経験、技術を伝えるとともに、国際協力を通じて学び合うことが有益である旨発言しました。

・地域包括ケア等の高齢者福祉施策に関する日本の取組み

・タイでのJICAの高齢者関連プロジェクト

・「国際的なActive Agingにおける日本の貢献に関する検討会」

・「ASEAN・日本社会保障ハイレベル会合」(本年12月に東京で開催)

 

○各国の発言を経て、共同宣言が採択され、ASEAN+3の社会福祉分野における協力強化の重要性や、地域へ密着したアプローチの必要性が確認されました。また、日本のASEAN地域における国際協力に関する感謝も述べられました。

 

○次回のASEAN+3社会福祉大臣会合は、2016年にインドネシアで開催される予定です。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年9月 > 第4回ASEAN+3社会福祉大臣会合の結果概要

ページの先頭へ戻る