ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年9月 > 「若者の意識に関する調査」の結果を公表



平成25年9月10日

【照会先】

政策統括官付政策評価官室

アフターサービス推進官 生田 直樹

室長補佐 坪井 宏徳

(代表電話) 03(5253)1111(内線 7773)

(直通電話) 03(3591)3902

報道関係者各位


「若者の意識に関する調査」の結果を公表



 厚生労働省は、「若者の意識に関する調査」を実施し、その結果をとりまとめましたので、公表します。
 本調査は、今後の我が国を支える若者の意識面の特徴を捉え、「平成25年版厚生労働白書」の作成等に当たっての資料を得ることを目的として、平成25年3月に実施したものです。

【調査結果例】

●「現在の生活満足度」
 回答者全体としては、満足している(どちらかといえば満足と回答したものを含む。)と回答した者が6割を超えた。職業別で見ると学生、専業主婦(主夫)、公務員、経営者・役員などで満足している者の割合が高い。また、生活に満足を感じる者の割合は、既婚者が未婚者や離別者と比べて高く、強い不満を感じる割合も最も低かった。


●「日本の未来に対する考え」
 日本の未来については、19.2%が日本の未来は明るいと回答(そう思う、どちらかといえば、そう思うと回答した者)した一方、45.1%が日本の未来について明るいとは考えていないと回答(どちらかといえば、そう思わない、そう思わないと回答した者)した。

 未来を良くするための意欲については、仕事や学業を通じて社会に貢献したいと回答した者の割合が28%、考えてはいるが、具体的にどのようにすべきかわからないとの回答が26.8%であった。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年9月 > 「若者の意識に関する調査」の結果を公表

ページの先頭へ戻る