ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年8月 > 「国民の健康寿命が延伸する社会」に向けた予防・健康管理に関する取組の推進



平成25年8月30日

【照会先】

保険局総務課 医療費適正化対策推進室

室   長 安藤 公一 (3176)

室長補佐 加藤 正嗣 (3217)

(代表電話) 03-5253-1111

(直通電話) 03-3595-2164

報道関係者各位


「国民の健康寿命が延伸する社会」に向けた予防・健康管理に関する取組の推進

 厚生労働省では、このたび、「国民の健康寿命が延伸する社会」に向けた予防・健康管理に関する取組について、取りまとめましたので公表します。

 これは、 日本再興戦略などを踏まえながら、「国民の健康寿命が延伸する社会」を目指して、厚生労働省としての予防・健康管理に関する主要な取組をまとめたものであり、推計が可能なものは、2025(平成37)年度の医療費・介護費の効果額を推計し、それぞれの取組を推進する上での目標として取りまとめました。


【ポイント】

1.趣旨
○日本再興戦略などを踏まえ、2025(平成37)年に向け、「国民の健康寿命が延伸する社会」の構築を目指して予防・健康管理などに関する具体的な取組を推進

  ・高齢者の介護予防等の推進 
  ・現役世代からの健康づくり対策の推進
  ・医療資源の有効活用に向けた取組の推進

○これらの取組を推進することにより、5兆円規模の医療費・介護費の効果額を目標

2.取組のポイント
 1.レセプト・健診情報等のデータを最大限活用した効果的な取組の推進
 2.健康づくり推進本部を中心に省内横断的な体制で推進
 3.推計が可能な取組は、それぞれの取組の目標としての効果額を提示
 (注:効果額は各取組で重複があるため、単純に足し上げられるものではないことに留意が必要)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年8月 > 「国民の健康寿命が延伸する社会」に向けた予防・健康管理に関する取組の推進

ページの先頭へ戻る