ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医薬品・医療機器 > 出産や手術での大量出血などの際のフィブリノゲン製剤・血液凝固第Ⅸ因子製剤の投与によりC型肝炎ウイルスに感染された方々へ > 特定C型肝炎ウイルス感染者救済特別措置法給付金の請求期限に関する条文

特定C型肝炎ウイルス感染者救済特別措置法給付金の請求期限に関する条文

(給付金の請求期限)

第5条 給付金の支給の請求は、次に掲げる日のいずれか遅い日までに行わなければならない。

一 この法律の施行の日から起算して10年を経過する日(次号において「経過日」という。)

二 特定フィブリノゲン製剤又は特定血液凝固第\因子製剤の投与を受けたことによってC型肝炎ウイルスに感染したことを原因とする損害賠償についての訴えの提起又は和解若しくは調停の申立て(その相手方に国が含まれているものに限る。)を経過日以前にした場合における当該損害賠償についての判決が確定した日又は和解若しくは調停が成立した日から起算して一月を経過する日

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医薬品・医療機器 > 出産や手術での大量出血などの際のフィブリノゲン製剤・血液凝固第Ⅸ因子製剤の投与によりC型肝炎ウイルスに感染された方々へ > 特定C型肝炎ウイルス感染者救済特別措置法給付金の請求期限に関する条文

ページの先頭へ戻る