厚生労働省

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

ご覧の施策内容について多くの皆さまのご意見をお待ちしております。意見を送信する


食品のアレルギー表示について

医薬食品局 食品安全部 基準審査課

食物アレルギーは、食事をしたときに、身体が食物(に含まれるタンパク質)を異物として認識し、自分の身体を防御するために過敏な反応を起こすことです。主な症状は、「皮膚がかゆくなる」、「じんましんがでる」、「せきがでる」などです。重い症状の場合には、「意識がなくなる」、「血圧が低下してショック状態になる」ということもあり、非常に危険な場合もあります。我が国における食物アレルギー体質をもつ方の正確な人数は把握できていませんが、全人口の1〜2%(乳児に限定すると約10%)の方々が何らかの食物アレルギーを持っているものと考えられています。

このような食物アレルギーに対する有効な治療法はないため、原因となる食物を食べないことが予防・治療を行う上での原則となります。そのため、アレルギー体質をもつ方に適切に情報が伝えることができるよう、厚生労働省では、食物アレルギーの原因となる食物を調査し、平成13年より、発症件数が多いものや、発症した際の症状が重いものについて、食品に使用した場合の表示を食品衛生法上義務付けました。

現在、次の表にあるように、卵、乳、落花生などの7品目を食品に使用した場合には、必ず食品のパッケージにアレルギーの原因となる食品の名称を表示しなければなりません。また、あわび、いか、大豆などの18品目を食品に使用した場合には、できるだけ食品のパッケージにこれらの名称を表示するよう努めることとされています。みなさんは、スーパーやコンビニで購入した食品のパッケージに、「原材料の一部に○○を含む。」、「○○由来」などと記載されているのを目にされたことがあると思います。これは、食物アレルギー体質をもつ方のためだけに表示されているものですが、表示がない場合に起こり得る事態を考えれば、非常に重要な表示であることがお分かりいただけると思います。

規定 アレルギーの原因
となる食品の名称
表示をさせる理由 表示は義務
かどうか
省令 卵、乳、小麦、えび、かに 発症件数が多いため 表示義務
そば、落花生 症状が重くなることが
多く、生命に関わるた
通知 あわび、いか、いくら、オ
レンジ、キウイフルーツ、
牛肉、くるみ、さけ、さば、
大豆、鶏肉、バナナ、豚
肉、まつたけ、もも、やま
いも、りんご、ゼラチン、
過去に一定の頻度で
発症が報告されたもの
表示を奨励
(任意表示)

既に25品目のアレルギーの原因となる食品を指定し、それを使用した場合には、その旨の表示を義務付けるなど、食物アレルギー体質をもつ方に対して情報提供に努めています。しかしながら、食物アレルギーの実態把握を完全に行えていないことや、食習慣の変化などによって将来的に食物アレルギーの状況が変わっていく可能性が大きいことから、厚生労働省では、3年ごとに調査を行い、その結果を踏まえて原因となる食品を見直すようにしています。最近では、平成20年6月、「えび」や「かに」を使用した場合の表示を義務付ける制度改正を行ったところです。厚生労働省では、今後とも、食物アレルギーの実態把握に努め、適切なアレルギー表示を推進してまいります。

今回取り上げた食品のアレルギー表示など、食品衛生法に基づく食品の表示に御関心のある方は、厚生労働省ホームページに関係情報を掲載していますので、以下のURLから御覧下さい。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/hyouji/index.html

※お問い合わせ先:医薬食品局食品安全部基準審査課調査表示係 【お知らせ】食品表示に関する業務は、消費者庁に移管されました。

《参考:アレルギーの原因食物》

《参考:アレルギーの原因食物》 円グラフ

(今井孝成、海老澤元宏:平成14年・17年度厚生労働科学研究報告書より)



トップへ