ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成26年) > 「過労死等を防止することの重要性を浸透させるため、全力で取り組んでいきたい」。第1回過労死等防止対策推進協議会で挨拶をする塩崎厚生労働大臣。

フォトレポート

「過労死等を防止することの重要性を浸透させるため、全力で取り組んでいきたい」。第1回過労死等防止対策推進協議会で挨拶をする塩崎厚生労働大臣。

写真(2014年12月17日)

2014年12月17日
省内会議室
「過労死等を防止することの重要性を浸透させるため、全力で取り組んでいきたい」。第1回過労死等防止対策推進協議会で挨拶をする塩崎厚生労働大臣。

 過労死等防止対策推進法に基づき、政府として大綱を作成するため、労使代表者や当事者代表者、専門家などからなる委員出席のもと、第1回過労死等防止対策推進協議会(会長・東京大学大学院法学政治学研究科 岩村教授)を行いました。
 会の冒頭、塩崎大臣は「過労死のような痛ましい事態をなくし、健康で豊かな生活を実現するために、過労死等を防止することの重要性を、国、地方公共団体、事業主を含めた国民全体に浸透させるために全力で取り組んでいきたい。委員の皆さま方には、過労死等の防止対策の今度の方向性を見据えていただき、知識や経験に基づいたご意見をいただきたい」と挨拶しました。
 この日は、同会の運営や過労死等の防止のための対策についての説明のほか、意見交換も行われ「過労死はあってはならない」、「労働時間の実態把握がされていないのでは」など、次の議論につながる声も多く聞かれました。
 同会では今後、大綱案について議論を重ね、来年の年央を目途に意見をまとめる予定です。
(労働基準局 総務課 過労死等防止対策推進室)

◇当日の資料はこちら
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000068567.html

◇長時間労働削減推進本部などの取り組みは、こちらでご紹介しています。
http://www.mhlw.go.jp/photo/2014/10/ph1009-01.html

◇過労死等防止対策推進シンポジウムは、こちらでご紹介しています。
http://www.mhlw.go.jp/photo/2014/11/ph1114-02.html

写真(2014年12月17日)
協議会の様子

ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成26年) > 「過労死等を防止することの重要性を浸透させるため、全力で取り組んでいきたい」。第1回過労死等防止対策推進協議会で挨拶をする塩崎厚生労働大臣。

ページの先頭へ戻る