ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成26年) > 日中韓三国保健大臣会合に臨む塩崎厚生労働大臣。

フォトレポート

日中韓三国保健大臣会合に臨む塩崎厚生労働大臣。

写真(2014年11月23日)

2014年11月23日
インターコンチネンタル ファイナンシャルストリートホテル(中国・北京)
日中韓三国保健大臣会合に臨む塩崎厚生労働大臣。

 日本、中国、韓国の保健担当大臣が、保健医療分野における共通の課題についての協力を確認するため毎年開催している「日中韓三国保健大臣会合」が、中国で開催されました。
 会合には、日本から塩崎大臣、中国から李斌(リ・ビン)国家衛生・計画生育委員会主任、韓国から文亨杓(ムン・ヒョンピョ)保健福祉部長官が参加したほか、申英秀(シン・ヨンス)WHO西太平洋地域事務局長と、李鍾憲(イ・ジョンホン)日中韓三国協力事務局次長がオブザーバーとして出席しました。
塩崎大臣は、保健分野における日本の取り組み、特にエボラ出血熱に関して紹介するとともに、会合終了後には「今までやってきたことを確認したうえで、3カ国の連携をさらに発展させたい」と話しました。
 会合は「第7回日中韓三国保健大臣会合共同声明」と「エボラ出血熱のパンデミックに対する準備と対応に係る第7回日中韓三国保健大臣会合共同声明」を採択して閉幕しました。
 次回は、2015年に日本で開催される予定です。
(大臣官房国際課)

◇採択された共同声明についてはこちら
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000067259.html

写真(2014年11月23日)
会合の様子

ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成26年) > 日中韓三国保健大臣会合に臨む塩崎厚生労働大臣。

ページの先頭へ戻る