ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成25年) > G8認知症サミットで、日本の高齢化の現状や認知症施策について説明する土屋厚生労働副大臣

フォトレポート

G8認知症サミットで、日本の高齢化の現状や認知症施策について説明する土屋厚生労働副大臣

写真(2013年12月11日)

2013年12月11日
ランカスターハウス(ロンドン)
G8認知症サミットで、日本の高齢化の現状や認知症施策について説明する土屋厚生労働副大臣

 認知症をテーマにしたG8初の会合である「G8認知症サミット」が開催され、土屋副大臣が出席しました。
 当日は、G8各国の保健分野の政府代表のほか、キャメロン英国首相、欧州委員会、WHO事務局長、OECDの代表、さらに各国の認知症専門家や製薬会社代表らが参集し、共通課題となっている認知症について、施策や研究、社会的取り組み、各国の現状などの紹介や意見交換が行われました。土屋副大臣は、「日本の高齢化と認知症の現状」、「認知症施策推進5カ年計画(オレンジプラン)」などについて説明を行いました。
 会議の成果として、認知症問題に共に取り組むための努力事項を定めた「宣言(Declaration)」と「共同声明(Communique)」が、G8各国代表者の間で合意されました。
 サミット終了後の記者会見で土屋副大臣は、「新しい介護と予防モデル」をテーマにした本サミットの後継イベントを2014年に日本で開催すると発表しました。

(大臣官房国際課)

◇詳細はこちら
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000033640.html

写真(2013年12月11日)

サミット終了後、英国 ハント保健大臣、カナダ アンブローズ保健大臣、WHO チャン事務局長、OECD ルテルム事務次長とともに記者会見する土屋副大臣

写真(2013年12月11日)

キャメロン英国首相ほか主要出席者とともにフォトセッションに参加する土屋副大臣
※土屋副大臣=最後列右
(写真:英国保健省HPより)

ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成25年) > G8認知症サミットで、日本の高齢化の現状や認知症施策について説明する土屋厚生労働副大臣

ページの先頭へ戻る